NYで飴細工職人として生きる彼女のこだわり

ディズニーという憧れの職場を捨てたワケ

木村武雄師匠に弟子入りしてすぐのころ(写真:Candy5さん)  
世界中のアーティストにとって、ニューヨークはあこがれの街。日本からも毎年多くのアーティストがニューヨークに渡っている。彼らにとっての“サクセス”は、「とりあえず一度ニューヨークに行ければいい」から、「ニューヨークで活動を続ける」「有名になる」「稼ぐ」と、さまざまだろう。
そんな日本人ニューヨーカーのリアルに迫る連載の第3回。

天国の父からのメッセージを受ける

江戸時代に中国から日本に渡ってきた飴細工の技術。その300年の歴史を引き継いで活動する飴細工職人が、アメリカには3人いるという。その1人がCandy5(キャンディ・ファイブ)さんだ。

この連載の記事一覧はこちら

Candy5さんは、新聞記者の父親、専業主婦の母親のもとに生まれ、父の転勤に伴い、日本各地を転々としながら成長した。大学進学を目指し、富山県の進学校に通っていたCandy5さんを悲劇が襲ったのは、高校3年生のとき。最愛の父がガン宣告を受け、半年後に49歳の若さで他界してしまったのだ。

Candy5さんは、専業主婦の母親を支えるために、進学を諦めOLに。だが、会社勤めが性に合わず、バンド活動、ラジオパーソナリティー、小物販売、調理師など、10回以上転職を繰り返した。とはいえ、本人は転職を「敗退」ではなく「獲得」と位置づける。父親の突然の死を経験したことで、「明日死んでもいいように、やりたいことはやる」と決意。気になる職業を見つけると、履歴書に長文の手紙を添えて仕事を獲得し、納得すると「卒業」してきた。22歳から東京に出て24歳で結婚、翌年長女を出産するが、28歳で離婚し富山の母親のもとに戻った。

この頃、Candy5さんは、「自分にしかできない社会での役割を見つけたい」と思い始めていた。どこか満たされない気持ちになったとき、空を見上げて「私の使命を教えて」と語りかけていた相談相手。それは、天国の父だった。

次ページ29歳の時「これが答えだ!」と確認した
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。