38歳、NYで「1人サーカス団」貫く彼の生き方

一度は夢破れて帰国したが好機はやって来た

夢をあきらめず、たったひとりで全米50州を巡った渡辺好博さん(筆者撮影)
世界中のアーティストにとって、ニューヨークはあこがれの街。日本からも毎年多くのアーティストがニューヨークに渡っている。彼らにとっての“サクセス”は、「とりあえず一度ニューヨークに行ければいい」から、「ニューヨークで活動を続ける」「有名になる」「稼ぐ」と、さまざまだろう。
そんな日本人ニューヨーカーのリアルに迫る連載の第2回。

目立ちたがりでお調子者、夢は”ハリウッド俳優になる”

よしさんこと渡辺好博さん(38歳)の肩書は、「東京サーカス団長」だ。とはいえ、活動当初の団員は自分1人。それも、“芸のない”サーカス団だった。

この連載の記事一覧はこちら

1980年に兄1人、姉2人の末っ子として長崎市で産まれたよしさん。ひとりだけ歳が離れていたこともあり、みんなからかわいがられた。しかし、両親はケンカばかり、思春期の兄姉たちも親と対立、「なぜみんなで一緒に笑えないのだろう」と考え続けていた。根っからの目立ちたがり気質に加え、「人に笑ってもらいたい」という思いが強く、クラスでもお調子者のムードメーカーに徹する子どもだった。

小学生の時に観た映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でハリウッド映画のスケールの大きさに感動。「将来はアメリカの大学に進学し、ハリウッド俳優になる」と決めた。中学の成績は中の上だったが、生徒会長を務めるなど内申書がずば抜けてよく、市内の男子高校に特待生として入学。ハリウッド俳優の夢に近づくために、英語コースを選択し、ランチタイムにはネイティブスピーカーである外国人教師のところに押しかけ、必死で英語を習得した。

次ページそして、ついにアメリカへ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。