「メルケル後」のドイツとEUは新たな局面へ

「これでよいのか」という迷いも否めず

ドイツ与党CDUの党首にはクランプカレンバウアー氏(左)が決選投票の末、選出された(写真:ロイター/KAI PFAFFENBACH)

12月7日に行われたキリスト教民主同盟(CDU)の党首選はアンゲラ・メルケル首相の推すアネグレート・クランプカレンバウアー幹事長が勝利を収めた。2000年4月以来、約18年間党首を務めたメルケル体制がついに変わることになる。もっとも、あくまでメルケル首相の「腹心」の勝利となったことで、ドイツ政治のあり方が急激にメルケル路線(中道路線)から変わることはなさそうである。

CDUはメルケル体制下で徐々に左傾化を進めてきたとされる。こうしたアプローチが伝統的な宿敵である左派、キリスト教社会同盟(CSU)の支持層を切り崩したと同時に、近年は「ドイツのための選択肢(AfD)」を筆頭とする右派勢力の増長を許したという批判もある。

今回の党首選は中道路線を継承するクランプカレンバウアー幹事長と保守(右派)回帰をかかげるフリードリヒ・メルツ元院内総務の一騎打ちとなったわけだが、とりあえずCDUは無難な現状維持を選んだ格好である。とはいえ、党首選は第1回投票でいずれの候補者も過半数を獲得できず、決選投票にもつれ込んだ。結果的にはクランプカレンバウアー氏の517票に対しメルツ氏は482票と接戦でああった。CDU内部に「これでよいのか」という迷いがあったことは否めないが、まずは金融市場へのショックは避けられた格好である。

「何の解決にもなっていない」という評価も

しかし、メルケル路線がCDUを歴史的惨状に追い込んだのにもかかわらず「メルケル首相のカーボンコピー」、「メルケル2.0」などと揶揄されるクランプカレンバウアー氏を選んだことについて、「何の解決にもなっていない」という声はやはりある。ちなみに、「メルケル2.0」はAfDのアリス・ワイデル院内総務の言葉である。

難民に友好的で、緊縮路線を継続し、米国やロシアとは距離を置き、中国とは親密にするというメルケル路線を継続するかぎり、CDUが党勢を回復することは客観的に見ても難しい。クランプカレンバウアー新党首は新幹事長に33歳という若さでなおかつ難民政策に厳格な保守派のパウル・ツィーミヤク氏を指名し党内バランスを保とうとしているが、あくまで「顔」がメルケル首相の分身では、どの程度奏功するのかは不透明である(ただし、幹事長は次期首相ポストでもあるため、これを保守派に譲った意味は小さくないようにも見える)。

クランプカレンバウアー体制が迎える最初の試練は来年5月の欧州議会選挙で党勢を示せるかである。その後、同じく5月にブレーメン特別市 、9月にザクセン州、ブランデンブルク州、10月にチューリンゲン州で選挙がある。2018年の惨敗基調を止められるのかが注目されよう。これらを無事に通過できない場合、メルケル首相が2021年まで首相の座にいられるかは予断を許さない。

次ページ「ユーロ3.0」と「最後の砦」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。