メルケル首相を一気に追い詰めた逆風の正体

ドラマさながらのメルケル追い落とし劇

10月29日の記者会見におけるメルケル首相(写真:REUTERS/Hannibal Hanschk)

とうとう来るべきものが来た。メルケル時代の終焉の始まりである。10月に行われた2つの州議会選挙(14日バイエルン州、28日ヘッセン州)で与党CDU/CSU(キリスト教民主・社会同盟)が前回比10%ポイント超の得票減による大敗を喫した。

バイエルン州議会選挙(10月14日)同州選挙管理委員会発表

政党名 得票率(%) 増減(ポイント)
キリスト教社会同盟(CSU) 37.2 -10.5
社会民主党(SPD) 9.7 -11.0
自由な有権者(FW) 11.6 +2.6
緑の党 (Gruene) 17.6 +9.0
自由民主党(FDP) 5.1 +1.8
左派党(Linke) 3.2 +1.1
ドイツのための選択肢(AfD) 10.2 +10.2
その他 5.4 -3.3

ヘッセン州議会選挙(10月28日)同州選挙管理委員会発表

政党名 得票率(%) 増減(ポイント)
キリスト教民主同盟(CDU) 27.0 -11.3
社会民主党(SPD) 19.8 -10.9
緑の党 (Gruene) 19.8 +8.7
自由民主党(FDP) 7.5 +2.5
左派党(Linke) 6.3 +1.1
ドイツのための選択肢(AfD) 13.1 +9.0
その他 6.5 +0.9 

その責任をとってメルケル首相は10月29日、次回CDU党大会(12月7~8日)において党首に立候補しないと記者会見で発表した。メルケル氏は2021年の議会任期までは首相の職務は全うするとしているが、その後は政界からも引退すると述べ、ドイツと欧州の政界に激震が走った。

始まったドイツ政局の流動化

一方、退潮傾向著しい連立のパートナーのSPD(社会民主党)も両州議会選挙で同様に10%ポイントを超える敗北を喫し、今年3月に発足した大連立政権は先が見通せない低空飛行に移った。

この両州議会選挙に共通しているのは、伝統的な政党が大敗したことである。CDU/CSUが失った票は、極右ポピュリスト政党のAfD(ドイツのための選択肢)とFDP(自由民主党)、そしてバイエルン州ではFW(自由な有権者)にも流れた。SPDの票はリベラルな緑の党に流れた。

AfDは2州の選挙により全州議会で議席を獲得したが、幸いに大量の不満票がAfDに流れることはなく、イタリアやブラジルで見られるような急激な右旋回は今のところ起きていない。

次ページ相次いだ「誤算」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。