アメリカ「セクシー離れ」で下着業界に大異変

ヴィクトリアズ・シークレットはもう古い?

シンガーが辞任したのに続き、同グループのアスレジャー・ブランド「ピンク」のCEOを務めるデニス・ランドマンも、今年いっぱいで退任することになった(両CEOとも、Lブランズのレスリー・ウェクスナー会長兼CEOの直属の部下にあたる)。

Lブランズのエド・ラゼックCMOも、11月に世間を騒がせた。『ヴォーグ』誌とのインタビューで、ヴィクトリアズ・シークレットのショーでは、プラスサイズのモデルも、トランスジェンダーのモデルも起用する考えがないことを示したのだ。

「ケンカを売るなら受けて立つ」

「なぜ大きなサイズや小さなサイズのモデルを起用しないかって? トランスジェンダーのモデルを起用すべきじゃないかって? いやいや、そうする必要はないと思う。なぜなら、わたしたちのショーはファンタジーだから。42分間の特別なエンターテインメントだから」

ニューヨークで行われたヴィクシーショーのバックステージでポーズをきめる、ヴィクシーエンジェルやヴィクシーモデルたち(写真:Landon Nordeman/The New York Times)

このコメントに対して、ソーシャルメディアではすぐに怒りの反応が起こった。ラゼックは翌日、彼のコメントが「無神経であると受け取られた」と振り返り、「トランスジェンダーのモデルももちろん起用する」と述べた。

それでも怒りは消えなかった。モデルでトランスジェンダーのテディ・クインリヴァンは、インスタグラムで「私のヴィクトリアズ・シークレットへのメッセージは、『ケンカを売るなら受けて立つ』だ」とコメントした。プラスサイズのモデル、テス・ホリデイは「別に誰もVS(ヴィクトリアズ・シークレット)を欲しがっていないんじゃない?」とツイートした。

39歳のサラ・リン・ミッチェナーは、10年ほど前にヴィクトリアズ・シークレットで買い物をするのをやめた。いかにも経験の浅そうな店員と、あふれんばかりのピンクがイヤになったのだという。いまではブラジャーはオンラインで買うか、百貨店のノードストロームで買っている。ヴィクトリアズ・シークレットの店舗のような、性的なイメージを感じさせない店を選んでいるのだ。

次ページ女性目線の下着スタートアップが続々誕生
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。