アメリカ「セクシー離れ」で下着業界に大異変

ヴィクトリアズ・シークレットはもう古い?

シンガーが辞任したのに続き、同グループのアスレジャー・ブランド「ピンク」のCEOを務めるデニス・ランドマンも、今年いっぱいで退任することになった(両CEOとも、Lブランズのレスリー・ウェクスナー会長兼CEOの直属の部下にあたる)。

Lブランズのエド・ラゼックCMOも、11月に世間を騒がせた。『ヴォーグ』誌とのインタビューで、ヴィクトリアズ・シークレットのショーでは、プラスサイズのモデルも、トランスジェンダーのモデルも起用する考えがないことを示したのだ。

「ケンカを売るなら受けて立つ」

「なぜ大きなサイズや小さなサイズのモデルを起用しないかって? トランスジェンダーのモデルを起用すべきじゃないかって? いやいや、そうする必要はないと思う。なぜなら、わたしたちのショーはファンタジーだから。42分間の特別なエンターテインメントだから」

ニューヨークで行われたヴィクシーショーのバックステージでポーズをきめる、ヴィクシーエンジェルやヴィクシーモデルたち(写真:Landon Nordeman/The New York Times)

このコメントに対して、ソーシャルメディアではすぐに怒りの反応が起こった。ラゼックは翌日、彼のコメントが「無神経であると受け取られた」と振り返り、「トランスジェンダーのモデルももちろん起用する」と述べた。

それでも怒りは消えなかった。モデルでトランスジェンダーのテディ・クインリヴァンは、インスタグラムで「私のヴィクトリアズ・シークレットへのメッセージは、『ケンカを売るなら受けて立つ』だ」とコメントした。プラスサイズのモデル、テス・ホリデイは「別に誰もVS(ヴィクトリアズ・シークレット)を欲しがっていないんじゃない?」とツイートした。

39歳のサラ・リン・ミッチェナーは、10年ほど前にヴィクトリアズ・シークレットで買い物をするのをやめた。いかにも経験の浅そうな店員と、あふれんばかりのピンクがイヤになったのだという。いまではブラジャーはオンラインで買うか、百貨店のノードストロームで買っている。ヴィクトリアズ・シークレットの店舗のような、性的なイメージを感じさせない店を選んでいるのだ。

次ページ女性目線の下着スタートアップが続々誕生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。