アメリカ「セクシー離れ」で下着業界に大異変

ヴィクトリアズ・シークレットはもう古い?

ヴィクトリアズ・シークレットがシェアを落としている理由とは?(写真:Landon Nordeman/The New York Times)

アメリカのランジェリー・ブランドのヴィクトリアズ・シークレットでは、11月13日にCEOのジャン・シンガーが退任した。その前にも、CMO(最高マーケティング責任者)のトランスジェンダーに関する発言が批判されており、ここ数年徐々に衰退してきている同社にとってさらなる打撃となっている。

ヴィクトリアズ・シークレットのマーケティングはとにかく一貫している。11月に開かれた同社のファションショーは、1995年に開かれた最初のショーとそっくりだった。ウイングやスパンコールが少し増えたものの、やせたモデルに、胸を持ち上げるプッシュアップ・ブラ、Tバック、ストラップだらけのハイヒールが並ぶのは同じだ。

同社のセクシーさへのこだわりは揺るがない。たとえ性差別的だと批判されても、新しく誕生している多数の下着ブランドが着心地や快適さを追求しても、女性たちがヴィクトリアズ・シークレットを離れてほかのブランドに向かっていても――。

女性は下着にセクシーさを求めない

ヴィクトリアズ・シークレットは現在でもアメリカのランジェリー・ブランドとしてトップの地位にあるが、そのシェアは急速に低下している。売り上げは減少し、同社の株価は今年41%も下落した。アメリカの金融機関のウェルズ・ファーゴが2017年9月に実施した消費者調査によると、回答者の68%が、以前ほどヴィクトリアズ・シークレットを好きではないと答え、60%が同ブランドを「不自然」あるいは「見せかけだけ」などと感じていた。

シティグループの小売りアナリストで、ヴィクトリアズ・シークレットの親会社であるLブランドを分析しているポール・レフエスは、「ヴィクトリアズ・シークレットがシェアを落としているのは、現実から乖離しているからだ」と言う。「マーケティングの方法が現実から離れている。女性たちは、男性に好かれるために下着を買うセクシーなスーパーモデルのようには見られたくないと思っている」。

テレビで放映される「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」も、以前ほど見られていない。視聴者数は5年前と比べて半分近くまで落ちている。

次ページプラスサイズモデルやトランスジェンダーを怒らせた発言
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。