中学受験で教育虐待しやすい親の2つの特徴

「あなたのため」が子どもを追いつめる皮肉

「できる親」の証しとして、子どもを有名中学に合格させたいと思う欲求が強まるのも無理はありません。もはや子どものためでなく、自分の見栄のために、子どもに勉強を強いるのです。

こういった状況が教育虐待に拍車をかけているとも考えられます。

ダークサイドに堕ちていないかセルフチェック!

第一志望校の入試本番前日に、入試問題をこっそり見せてもらえると言われたら、それを見るでしょうか。子どもに見せるでしょうか。ちょっと真剣に考えてみてください。

答えがYESなら、その人はすでに「中学受験のダークサイド」に堕ちてしまっている可能性が高い。

本来の学力では入れなかった学校に仮にズルをして合格しても、入学後に苦しむのは子どもです。またもし、合格するに十分な高い学力をすでに持っているのにズルをしたのなら、「合格」が自分の実力なのかズルのせいなのかわからなくしてしまう意味で罪が重い。子どもはずっと後ろめたさを感じながらその学校に通わなければなりません。そんなのは、不幸以外の何物でもありません。

『中学受験「必笑法」』(中公新書ラクレ)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

SNSに「○○塾の月例テストの予想問題をこっそり教えます」というような内容の広告が表示されることがあります。予想問題が当たってそのときの月例テストでいい点数がとれたからといって何の意味があるのでしょうか。そのような広告は中学受験のダークサイドへの誘いにほかなりません。一切無視することをおすすめします。

中学受験勉強の目的は、どんな手段を使ってでも第一志望に合格することではなく、定めた目標に対して努力を続ける経験を積むプロセス自体のなかにあります。さらに、どんな結果であれそれを最終的には前向きに受け入れ、人生の新たな一歩を踏み出す姿勢を学ぶことにあります。

つまり、自分の努力で自分の人生を切り開き、仮に結果が100%の思いどおりでなくても 、腐ることなく歩み続けることのできる人になるための経験なのです。12歳にして「生き方」を学ぶ機会なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT