オーガニック食品でがんのリスクは減るか

フランスで行われた大規模調査

なんとなく体に良さそう、というイメージがあるオーガニック食品ですが…(写真:vaaseenaa / PIXTA)

オーガニック食品を買う人は、それが健康にいいと信じて高いお金を払っている。しかしこれまでは、オーガニック食品が本当に体にいいのか、証拠は示されていなかった。

だが、フランスで行われた研究で、オーガニック食品をよく食べる人はまったく食べない人に比べて、がんの罹患率が25%低いということが示された。これは約7万人の成人を5年間継続的に調査した結果、報告されたものだ。オーガニックの果物や野菜、乳製品、肉などをよく食べている人は、特にリンパ腫にかかる割合が低く、また閉経期乳がんにかかる割合も、著しく低かった。

影響の大きさに論文執筆者も驚く

その影響の大きさは、論文の執筆者らも驚いたほどだった。「私たちはがんの罹患率が低くなるだろうということは予想していた。だが、その低下の度合いが非常に大きかった」。論文の筆頭執筆者で、フランス国立保健医学研究機構の疫学統計学研究所の研究者、ジュリア・ボードリーは言う。

彼女によると、オーガニック食品を食べることが、がんを減らす直接の原因になっていることはこの研究では証明されなかったが、「オーガニックを基本とした食生活が、がんのリスク低減に貢献する可能性がある」ということが強く示唆されたという。

この研究は資金の全額が国と政府の基金によって賄われ、10月22日に医学誌の『JAMAインターナル・メディスン』に発表された。

ただし、この論文の付随論評を書いたハーバード大学の栄養学の専門家らは、この研究の問題点として、残留農薬のレベルが測定されていないことを挙げた。彼らは、この研究の結果を裏付けるために、より長期間の研究を政府の資金によって行うべきだと述べた。

次ページイギリスでの同様の調査の結果は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。