「欧米は個人主義、日本は集団主義」は大嘘だ

「忖度」はアメリカでも日常茶飯事な理由

ルース・ベネディクトの『菊と刀』によれば、欧米は「罪の文化」で、日本は「恥の文化」とのことだが…(撮影:今井康一)
渋谷のハロウィン騒動、日大アメフト部問題、さらには文書改ざん問題に象徴されるように日本人は権威に弱く、同調主義的であるという見方が根強くある。だが、はたしてそれは本当なのか。
施光恒(九州大学大学院准教授)氏の新刊『本当に日本人は流されやすいのか』を切り口に、中野剛志(評論家)、佐藤健志(作家、評論家)、柴山桂太(京都大学大学院准教授)の気鋭の論客4人が、徹底討議する。

日本型自律性とは

佐藤:施さんは今年、『本当に日本人は流されやすいのか』(角川新書)を上梓されましたね。この30年余り、わが国は「良くて成果なし、悪ければ弊害だらけ」の新自由主義改革を続けてきましたが、それを「自分に合っていない自己啓発にこだわる人」に例えていたのが印象的でした。

:21世紀の日本を21歳のJくんとすると、戦後の日本を次のように擬人化できます。

彼は19歳のときまでひきこもりがちだったのですが、穏やかな生活を送っていました。19歳になって半年過ぎたころ、遠くから来た乱暴者たちに半ば強引に世間に引っ張り出された。世間に順応しようと懸命になり、どうにかうまくやっていったのですが、20歳の半ばごろ、遠くから来たその乱暴者たちと大ゲンカして結局、負ける。

その際、近所の幼なじみたちにも少々乱暴な振る舞いをしたとして、結局は保護観察処分となり、今後、生活の基本ルールを守って慎ましく行動するよう裁判で言い渡された。そのルールが日本国憲法で、保護観察司がGHQですね。むろん、裁判とは東京裁判です。

その後は勤勉に働いて、経済的には豊かになったけれども、幼なじみから昔の行いを責められたりして、自信満々になったかと思えば落ち込んだり、かなり不安定なキャラクターになっている。

「更生したばかりの元非行少年」という揺らぎやすいアイデンティティを持っているゆえ、自分に自信が持てない。それでJ君は最近、自己啓発にはまっています。

仕事のやり方や生活習慣を改善するための自己啓発に一生懸命で、最近は「英語を身に付けグローバル化に対応しなければ」とか、「プログラミングを勉強しなければ」などと思ったりもしている(笑)。まじめなJ君はやはり懸命に努力し、乱暴者の親分格だったUS君に認められようと日々自己啓発に取り組み続けます。しかし、J君は、自分の基本的なアイデンティティを喪失していますので、的外れな自己啓発を繰り返してますます自信をなくし、やる気も日々失われていっている。

次ページ日本人は協調を重んじるので自律性がない?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。