BMW3シリーズ、7代目の姿形は何が変わったか

デザイナーも「難しい」と唸る車種の最新進化

会場内に飾られた新型3シリーズの写真(筆者撮影)

日本でも根強い人気を持つ外国車ブランドのひとつ「BMW」。日本自動車輸入組合(JAIA)が発表する月別の新車登録台数では、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(VW)ともどもコンスタントにベスト3にランクインし続けている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなBMWの稼ぎ頭と呼べる車種が「3シリーズ」であることは、クルマ好きであれば知っている人が多いだろう。JAIAが発表している外国メーカー車の年度別モデル別新車登録台数順位でも、価格面では安い「1シリーズ」や「2シリーズ」を差し置いてBMWブランドのトップを維持している。

その3シリーズ、今年10月に開催されたパリ・モーターショーで第7世代となる新型が発表された。しかし現地取材を行った自動車メディア関係者に話を聞いたところ、「パッと見ただけではどこが変わったかわからない」という感想だった。

3シリーズは難しい

そんなうわさが日本法人のBMWジャパンに届いたのかどうかは不明だが、先日BMWジャパンではメディア向けに「BMWデザイン・サロン」を開催した。プレゼンテーションを行ったのはドイツBMWのデザイン部門でエクステリア・クリエイティブ・ディレクターを務める永島譲二氏だった。

BMWエクステリア・クリエイティブ・ディレクター永島譲二氏(筆者撮影)

永島氏は日本の自動車メーカー勤務経験はなく、アメリカ・ミシガン州ウェイン州立大学大学院でデザイン修士課程を修了すると、ドイツのオペルでキャリアをスタート。フランスのルノーを経て1988年にBMWに入った。

BMWでは1996年発表の「Z3」(現在のZ4の前身)、同年発表の4代目「5シリーズ」(現行型は7代目)、2005年発表の5代目「3シリーズ」(現行型は6代目)をはじめ、多くの市販車・コンセプトカーのデザイン開発にかかわっている。

デザイン・サロンでは、同氏が市販前のコンセプトカーにタッチした「Z4」「8シリーズ」とともに、新型3シリーズについても説明を行った。まず何から話すのか。注目していた自分の耳に届いた永島氏の最初の言葉が、本心なのだと思う。

次ページ注目度も高い「3シリーズ」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング