BMW「M3」乗ってわかった1200万円超の価値

伝統の超高性能車はいったい何がスゴいか

マットな特殊カラーをまとったBMW「M3」コンペティションパッケージ(記者撮影)

BMW「M3」の車名を見聞きして心躍る人は、なかなかの自動車好きだと推察する。

ドイツの高級車メーカーであるBMWが販売する中でも、売れ筋である「3シリーズ」のセダンをベースにエンジン、足回りなどを徹底的に強化し、専用の内外装で固めたスポーツモデルだ。日本車で言えば、かつての「スカイラインGT-R」(日産自動車)、「ランサーエボリューション」(三菱自動車)、「インプレッサWRX」(SUBARU)などのような、象徴的な存在である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

BMWグループで、レースやモータースポーツを研究開発するBMW M社が開発を担当。初代登場は1985年と30年以上の歴史と伝統があり、日本では2014年2月からBMWジャパンが販売している現行M3は5世代目に当たる。

次期3シリーズが6年ぶりのフルモデルチェンジを間近に控えると言われる中、次期型M3の開発も進んでいるとみられる。登場から4年以上が経過しているタイミングではあるが、記者はそんなM3の現行モデルにじっくりと試乗する機会を得た。

450馬力、56.1kgmのハイパワーマシン

M3「コンペティションパッケージ」。排気量3000cc、直列6気筒ターボエンジンの最高出力は450馬力(331kw)、最大トルクで56.1kgm(550Nm)というスペックを誇るマシンだ。一般的な国産の自家用車に乗っている人ならマイカーの最高出力や最大トルクと比べて、M3のパワーがいかにケタ違いかがわかるだろう。

リアスタイル。「M3」のロゴが輝く(記者撮影)

ほんの15年ぐらい前まで日本車メーカーには最高出力を280馬力に抑えるという自主規制があった。今でこそベース車の最高出力が570馬力まで高まった日産「GT-R」も、2007年の発売当初は480馬力だった。

あくまで数値上だが、今回乗ったM3の馬力は、発売当初、世界の自動車メーカーを驚かせた初期型の現行GT-Rに近いということになる。

今回、試乗したモデルの車両本体価格は1256万円。特注カラーやパーキング・サポート・パッケージ、カーボン・セラミックブレーキなど約180万円分のオプションが付いていた。消費税だけで約100万円。オプションを抜きにしても1500万円ぐらいの資金がないと買えない。一介のサラリーマンではとても手が出せないだろう。

次ページどんな乗り味なのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT