BMW「M3」乗ってわかった1200万円超の価値

伝統の超高性能車はいったい何がスゴいか

マットな特殊カラーをまとったBMW「M3」コンペティションパッケージ(記者撮影)

BMW「M3」の車名を見聞きして心躍る人は、なかなかの自動車好きだと推察する。

ドイツの高級車メーカーであるBMWが販売する中でも、売れ筋である「3シリーズ」のセダンをベースにエンジン、足回りなどを徹底的に強化し、専用の内外装で固めたスポーツモデルだ。日本車で言えば、かつての「スカイラインGT-R」(日産自動車)、「ランサーエボリューション」(三菱自動車)、「インプレッサWRX」(SUBARU)などのような、象徴的な存在である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

BMWグループで、レースやモータースポーツを研究開発するBMW M社が開発を担当。初代登場は1985年と30年以上の歴史と伝統があり、日本では2014年2月からBMWジャパンが販売している現行M3は5世代目に当たる。

次期3シリーズが6年ぶりのフルモデルチェンジを間近に控えると言われる中、次期型M3の開発も進んでいるとみられる。登場から4年以上が経過しているタイミングではあるが、記者はそんなM3の現行モデルにじっくりと試乗する機会を得た。

450馬力、56.1kgmのハイパワーマシン

M3「コンペティションパッケージ」。排気量3000cc、直列6気筒ターボエンジンの最高出力は450馬力(331kw)、最大トルクで56.1kgm(550Nm)というスペックを誇るマシンだ。一般的な国産の自家用車に乗っている人ならマイカーの最高出力や最大トルクと比べて、M3のパワーがいかにケタ違いかがわかるだろう。

リアスタイル。「M3」のロゴが輝く(記者撮影)

ほんの15年ぐらい前まで日本車メーカーには最高出力を280馬力に抑えるという自主規制があった。今でこそベース車の最高出力が570馬力まで高まった日産「GT-R」も、2007年の発売当初は480馬力だった。

あくまで数値上だが、今回乗ったM3の馬力は、発売当初、世界の自動車メーカーを驚かせた初期型の現行GT-Rに近いということになる。

今回、試乗したモデルの車両本体価格は1256万円。特注カラーやパーキング・サポート・パッケージ、カーボン・セラミックブレーキなど約180万円分のオプションが付いていた。消費税だけで約100万円。オプションを抜きにしても1500万円ぐらいの資金がないと買えない。一介のサラリーマンではとても手が出せないだろう。

次ページどんな乗り味なのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT