ベンツ「Cクラス」最新進化に見た驚異の走り

マイルドハイブリッドはここまでスムーズだ

メルセデス・ベンツC200を公道で真っ先に試す機会に恵まれたのでリポートしたい(筆者撮影)

実に6500点にも及ぶ改良が施されてフェイスリフトしたメルセデス・ベンツ「Cクラス」。最大のトピックは、販売の中心モデルである「C200」の搭載エンジンが、従来の2.0Lから1.5Lへと排気量を変更したことだろう。

マイルドハイブリッドになったC200

しかもこれは単純なダウンサイジングではない。新技術として話題の「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システム」を搭載した新エンジンの採用なのだ。勘の良い読者ならばもう理解されたと思うが、今回からC200はいわゆるマイルドハイブリッドになったというわけだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「M264」の型式名を持った1.5L直列4気筒直噴ターボエンジンは、最高出力184馬力/最大トルク280Nmと、以前のC200に搭載された2.0L直列4気筒直噴ターボとほぼ変わらないスペックを実現する。

そしてここにベルトを介してクランクシャフトと接続される最高出力10kW/最大トルク160Nmを発生するスターター/ジェネレーターを兼ねたモーターであるBSGと48V電気システムを組み合わせた。

次ページ欧州のサプライヤーが推している48V
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。