ベンツ「Cクラス」最新進化に見た驚異の走り

マイルドハイブリッドはここまでスムーズだ

メルセデス・ベンツC200を公道で真っ先に試す機会に恵まれたのでリポートしたい(筆者撮影)

実に6500点にも及ぶ改良が施されてフェイスリフトしたメルセデス・ベンツ「Cクラス」。最大のトピックは、販売の中心モデルである「C200」の搭載エンジンが、従来の2.0Lから1.5Lへと排気量を変更したことだろう。

マイルドハイブリッドになったC200

しかもこれは単純なダウンサイジングではない。新技術として話題の「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システム」を搭載した新エンジンの採用なのだ。勘の良い読者ならばもう理解されたと思うが、今回からC200はいわゆるマイルドハイブリッドになったというわけだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「M264」の型式名を持った1.5L直列4気筒直噴ターボエンジンは、最高出力184馬力/最大トルク280Nmと、以前のC200に搭載された2.0L直列4気筒直噴ターボとほぼ変わらないスペックを実現する。

そしてここにベルトを介してクランクシャフトと接続される最高出力10kW/最大トルク160Nmを発生するスターター/ジェネレーターを兼ねたモーターであるBSGと48V電気システムを組み合わせた。

次ページ欧州のサプライヤーが推している48V
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。