BMW「M3」乗ってわかった1200万円超の価値 伝統の超高性能車はいったい何がスゴいか

印刷
A
A

そして排気音こそ迫力があるが、一昔前のスポーティな車によくあったゴツゴツした感じはなく、乗り心地も快適そのものだった。パーキングブレーキが足踏み式ではなく、手で引き上げるサイドブレーキになっているのは、ドリフトのようなスポーツ走行を想定してのことだろう。

車好きではない人からすると、M3の外観はベース車の3シリーズセダンと大差ないように見える面もあるが、横に大きく張り出した前後のフェンダーをはじめとして、ただならぬ雰囲気を漂わせる。それもそのはずで全幅は1875mmもあり、1800mm程度の3シリーズセダンよりも大きい。この横幅では街中のタワーパーキングで対応できない場所が少なくなく、安心して停められる駐車場を慎重に選んだ。

慣れればどうということもないかもしれないが、フェンダーが大きく張り出しているので、ゲート式の有料駐車場で精算する際に、精算機に車両をうまく寄せるのも相当気を遣った。

駐車時のサポート機能も充実

ただ、パーキング・サポート機能によって、ギアを「R」に入れてバック駐車をしようとすると、助手席側のドアミラーが自動でいちばん下を映すように動く。モニターで車両の状況も確認できるし、車体に接触しそうな障害物がある場合はセンサーが察知して、しつこいぐらいに警告音を鳴らしてくれるので、車庫入れ時にまったく気づかずにこすったり、ぶつけたりということは、あまりないのだろう。この点も運転者をとことんサポートしている。

フロントフェンダーが大きく張り出し、その分、太いタイヤを履いて走行性能を高めている(記者撮影)

M3の走行性能の高さは、ドイツのアウトバーンで鍛え上げられた、ベースの3シリーズがしっかり造られているからこそだろう。高速道路を走行中に、3シリーズをはじめとするBMW車が、かなりのスピードで巡航している光景をよく見かけるが、そういうことなのかと合点がいった。

それにしてもM3の1200万円超という価格は、一般的な国産車の4~5倍以上だ。その価値はどこにあるのかといえば、もちろん走行性能の高さやステータスもそうだが、何より「安心・安全」を手に入れることにあるのだと思う。BMWに限らないが、自動車メーカーが高性能な車をつくる本質もそこにあるはずだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT