「日本車とドイツ車」、デザインの決定的な差

新しいからといってそれが良いとは限らない

トヨタ・プリウスをはじめ、近頃多い煩雑なデザインの日本車に不満の自動車ジャーナリスト岡崎五朗氏と、デザイナーとして日産、アウディで活躍し、A5でのデザインで数々のアワードを獲得、現在はフリーのデザイナーとして活躍中の和田智氏が日独のデザインについて語り合った。

本稿は2016年10月発売の増刊号『GQ CARS Vol.2』に掲載した記事です。

プロダクトデザインのあるべき姿とは

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

岡崎五朗(以下岡崎)トヨタのプリウス、シエンタ、ホンダ・フィットといった最近の日本車のデザインを見ていると心配なんです。クルマはパーソナルな乗り物ですが、パブリックな存在でもあります。「自分が好きなんだから文句言うな」と言う人もいるかもしれないけど、街中を走るわけですから街との調和とか景観との相性を考えてしかるべきだと思うんです。

和田 智(以下和田):僕が初めて買ったクルマはG・ジウジアーロがデザインしたフィアット・パンダ4×4です。当時はジウジアーロの存在を知らなくて、後で調べてすごい人だと知ったんです。何がすごいかというと、彼の作品は数が増えて街にあふれてもカッコよくて、全然嫌みがないんですよ。埋没するわけでもなく。作品を街に溶け込ませながら自己表現もできている。ここが天才の技だと思うんです。マスプロダクションの時代になればなるほど、増えるほどに街がきれいになるようなデザインこそが、デザイナーに求められる仕事なんだなと彼の作品から学びました。

岡崎:なるほど。

次ページプロダクトデザインのあるべき姿
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。