「日本車とドイツ車」、デザインの決定的な差

新しいからといってそれが良いとは限らない

和田:日産とアウディで仕事をしてみて、いろいろな違いに気付かされました。まずディレクターの考えがまったく違う。例えばアウディ時代、ワルター(・デ・シルバ)からは日産時代に言われた「売れるクルマをつくれ」というようなことは一度も言われませんでした。皆、とにかく美しいデザインを描くことに努めていたんです。野望もあったと思う。彼とA6、Q7、A5、A7などで一緒に仕事をしましたが、売れるかどうか考えたことはありません。もしも日本メーカーのデザイナーが”売れるためならなんだってする”と考えて仕事をしているとしたら、真逆と言いたいです。

岡崎:しかもそれらは結果的にすべて世界的に成功しましたね。

和田:自ずと売れるんですよ。”PURE”なんです。売らんかなのデザインじゃないからこそ売れる、というのがプロダクトデザインのあるべき姿ではないでしょうか。

岡崎:プリウスについてお聞きしたいんですが、プリウスは同じトヨタのアクアとベストセラーを争うクルマです。そういう街にあふれるクルマとわかっていて、今回のプリウスのように先鋭的なデザインにしたことを考えると、トヨタデザインが変わってきているのかなと思うんです。和田さんにはどう見えますか?

オリジナルの”もっと”化の先には…

和田:僕は現役デザイナーなので、なるべく他のデザインの批評はしたくないんですが、聞かれたことに答えるとすると、豊田章男社長の影響が大きいんじゃないですか。ピンクのクラウンがありましたよね。あの頃トヨタが変わったと感じました。僕はアウディでシングルフレームグリルをデザインしたのですが、多少は他社に影響を与え、フロントマスクのデザインのひとつの軸というか定番になったと自負しています。クラウンのあのフロントグリルのデザインを見て、シングルフレームがこういうかたちで影響を与えるのかなとも思いました。レクサスのスピンドルグリルを見ても感じることですが、先にあったものを受けて、それを”もっともっと”という感じでふくらませていくデザインともいえますね。

岡崎:トヨタはアルファード・ハイブリッドのフロントマスクのデザインで、レクサスのスピンドルグリルに近いようなことをやっています。社内物からの拝借ともいえる。僕はあまりいいことではないと思うんです。

和田:それは現代のクリエイティビティが抱える問題でもあるんです、オリジナルであることは本来非常に重要なんですが、これだけ商品が多数あると、オリジナルであることがむずかしい、という状況があります。

岡崎:それで、オリジナルの”もっと”化を進めていくと、女子高生が友達とメイク競争しているうちに、互いにだんだん過激になって、気づけばふたりともヤマンバみたいになっちゃう、というようなことになりかねない。

次ページびっくりさせたもの勝ち?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。