新型センチュリーの造形と走りは何が凄いか

トヨタの最高級車は運転もすこぶる楽しい

21年ぶりにフルモデルチェンジをした「センチュリー」でも顔つきは不変である(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタブランドの最高級車「センチュリー」が21年ぶりにモデルチェンジしてから2カ月が経過した。ほぼ同時期に新型に切り替わった「クラウン」や「カローラ」のような受注実績の発表はないものの、すでに東京都内でショーファー(専属運転手)らしき人が運転する新型を複数回見かけており、順調な滑り出しであると想像できる。

この新型センチュリー、初公開の場は昨年秋の第45回東京モーターショーだった。このときは参考出品という扱いだったが、広いトヨタブースの中央付近に置かれ、来場者の注目度も高かった記憶がある。

日本人が垂直・水平のデザインに親しみを持つのは?

理由を自分なりに推測すると、今年発表された軽自動車の新型車、具体的には新型センチュリーと同月に登場したダイハツ工業「ミラトコット」や、翌月20年ぶりのモデルチェンジを果たしたスズキ「ジムニー」と「ジムニーシエラ」、ホンダの商用車「N-VAN」と同じように、四角さが効いていると思っている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

四角いクルマに好感を寄せる人が多い理由については、「4代目ジムニーの『四角さ』が何とも潔い理由」(2018年7月10日配信)でも触れたと思うが、やはり丸いクルマが増えたことへの反動は確実にあるだろう。また多くの人が長い間木造住宅で暮らしてきた日本人は、欧米人より水平・垂直のデザインに親しみを持つ人が多いことも指摘した。

そもそも日本の乗り物は昔から箱型が多かった。今から200年ほど前、欧州人たちが移動に馬車を使っていたころ、日本は人間が担ぐ駕籠(かご)が主役だった。両者のデザインを比べると、フェンダーなどに優雅なカーブを取り入れていた馬車に対し、駕籠は担ぎ棒を含めて垂直水平で構成されたものが多かった。

しかも日本は欧米に比べると自動車での移動距離は短いし、狭い家に住む人が多く、道路も狭い。これが乗り降りしやすく、車内が広々としていて、車体の見切りがしやすい箱型のミニバンや軽自動車のハイトワゴンが人気となる要因ではないかと考えている。

次ページセンチュリー以外の何物でもない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT