ホンダ「5代目CR-V」ついに復活したSUVの全貌

ターボとHV、価格やメカニズムなど詳細判明

5代目に当たるホンダ「CR-V」(ボディカラーはルーセブラック・メタリック、写真:ホンダ)

ホンダは8月30日、新型SUV「CR-V」の全容を発表した。1995年から続く車種の最新モデルで、5代目に当たる。ガソリンエンジンとハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)という2つのパワートレーンを用意しており、ガソリンエンジンモデルは8月31日、ハイブリッドモデルは11月1日に発売する。

ホンダは8月10日、報道陣向けに5代目CR-Vの実車を先行公開。エクステリア、インテリアデザインが明らかになっていたが、価格や性能、メカニズムなどの詳細が判明した。

基本5人乗りだがターボエンジン車は7人乗りも

基本は2列シート5人乗りだが、排気量1.5Lのターボエンジンを積むガソリンエンジンモデルは3列シート7人乗り仕様も選べる。ハイブリッドモデルは「SPORT HYBRID i-MMD」と呼ぶシステムを採用。各グレードともFF(前輪駆動)、4WD(4輪駆動)をそろえた。

気になるグレード構成と車両本体価格は以下のとおりだ。

○ガソリンエンジンモデル(1.5Lターボエンジン)
■EX(5人乗り)
FF   323万0280円
4WD   344万6280円
■EX(7人乗り)
FF       342万1440円
4WD   363万7440円
■EX・Masterpiece(5人乗り)
FF       359万1000円
4WD   380万7000円
■EX・Masterpiece(7人乗り)
FF      381万4560円
4WD  403万0560円
○ハイブリッドモデル(2.0Lガソリンエンジン+i-MMD)
■HYBRID EX(5人乗り)
FF      378万4320円
4WD  400万0320円
■HYBRID EX・Masterpiece(5人乗り)
FF      414万5040円
4WD  436万1040円

ボディカラーは「プラチナホワイト・パール」「クリスタルブラック・パール」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」など全6色。衝突軽減ブレーキや誤発進抑制、渋滞追従機能付きのオートクルーズコントロールなどを備えた安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備した。

次ページホンダのSUVは「ヴェゼル」一本足打法だった
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。