東京も地方も「24時間型社会」はやめるべきだ

「未来の年表」著者・河合雅司氏に聞く<前編>

これからはもう「24時間型社会」はもたない(写真:momo/PIXTA)
いま日本に「AI(人工知能)による自動化」と「少子化による人口減少」という「2つの巨大な波」が押し寄せている。とりわけ人口減少については、2023年には60万人以上、2037年には90万人以上の人口が毎年減っていくと試算されており、日本は有史以来最大の人口減少社会を経験すると言われている。
今回は50万部超のベストセラー『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』の著者・河合雅司氏に「人口減少社会で何か起こるのか」「人口減少を食い止めるために、政府・企業は何をすべきか」について話を聞いた。 

先送りされてきた「静かなる有事」

中原圭介(以下、中原):日本ではこれから、経済の好況や不況といった短期的ないし表面的な変化ではなく、経済や社会を根底から揺るがすような大きな変化が起ころうとしています。「AIによる自動化」という10~20年単位の中期的な波と、「少子化による人口減少」という100年単位の長期的な波の、2つの大きな波が日本に押し寄せようとしているのです。

この連載の記事はこちら

「少子化による人口減少」はじわじわとゆっくりと進行していくので、国民は目先の痛みを感じることができずに、人口減少を危機として意識できていない。ところが、リーマンショックのような経済的な危機が起これば、国民にも目に見える激しい痛みが生じるので、政府も急いで痛みを和らげる政策を実施するはずです。

政府も国民も急激な変化には危機意識が働くのに対して、「深刻で静かなる危機」と呼ぶべき人口減少は変化があまりに緩慢であるために、国民がそれに慣れてしまい、政府も対応の先送りを繰り返してしまうという現状にあります。

河合雅司(以下、河合):私は人口減少問題を「静かなる有事」と名付け、長年、警鐘を鳴らし続けてきました。人口減少問題が認識されたのは、はるか昔の1970年代後半からです。この時から学者たちの間には、早急に対策が必要だという声もありました。

しかし、中原さんがご指摘されたように「明日すぐには変化が見えない」ということ、さらには都会と地方などで地域差が大きいということもあって、政府も自治体も経済界も聞く耳を持ちませんでした。1989年に、前年の合計特殊出生率が丙午の1966年を下回る「1.57ショック」があってもなお、「もっと先に取り組むべき課題がある」と見て見ぬふりを続けてきたのです。

次ページ内閣府には危機感、だが大臣が「あり得ない対応」をした
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。