AI時代に生き残るための「たった一つの方法」

「ホワイト」と「ブルー」カラーの区別は消える

大企業で高学歴の人が最も不要になる時代が刻一刻と近づいている(写真:Sunrising / PIXTA)

AI(人工知能)が広く浸透していく時代の到来に向けて、私たちはどのような心構えを持って、どのような視点でスキルを磨いていったらいいのでしょうか。

『AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

多くの専門家がAIの時代に重要な能力として挙げるのは、「人間的資質」や「企画発想力(創造力)」「コミュニケーション能力」などです。人間は「AIが得意なこと」をしっかり見極めたうえで、AIよりも得意なこと、たとえば、企画・立案、事業開発といった仕事に集中するのが肝要だというのです。

通訳・翻訳といった仕事は自動翻訳の技術が担うことになり、「語学力」は従来ほど重要な能力ではなくなるので、「人間ならではの強み」を身に付ける必要性が増しているといいます。だから、AIが持っていない人間力を鍛えていくためには、今の人材教育のあり方を大きく変えて、創造力や共感する力をもっと伸ばしていかねばならないというわけです。

「士業」は「人間力」を武器にできるのか?

以前の2つのコラム「AIで弁護士も大量に失業する時代が来る」「AIの進化で医師も失業する時代がやってくる」では、弁護士や会計士、弁理士、医師などの仕事のほとんどがAIで代替できると言いましたが、逆に言えば、人間力を武器とした新たな弁護士像とは、裁判により傷ついた依頼人の心のケアといった、AIにはできない領域に活路を見いだすことになるのかもしれません。

この連載の記事はこちら

同じように、新たな弁理士像とは、顧客の発明をさらに価値あるものにするために知恵を絞るものになるのかもしれません。さらに、これからの医師にとって最も大事な業務とは、患者との信頼関係を築くコミュニケーションになるのかもしれません。かゆいところに手が届くサービスは日本人のもともとの強みではあるものの、本当にそれだけのことで仕事を順調にこなしていけるのでしょうか。

次ページすでに「人の心」にも「AIの手」は伸びている
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。