自己紹介が記憶に残らない人と残る人の大差

石川善樹が考える「自己紹介」の奥義

石川:「何かを得たい」のであれば、横石先生のメソッドように「未来・過去・現在」を軸に考えてみるといいでしょう。「何かになりたい」のであれば、福井先生が言ったように「対立・葛藤・展開」という構造を考えてみるといいでしょう。「それじゃあ疲れます。私はただ在りたいんです」ということであれば、『まんが日本昔ばなし』的なものが参考になるのかもしれません。

自己紹介に必要な視点とは?

まとめると、僕なりの最強の自己紹介のメソッドは、

1:何かに「なる」のではなく、ただ「在る」という価値観
2:「失う→悲しむ→受容する」という構造
3:定石から「ちょっとだけズラす」というテクニック

という3つの要素(視点)を取り込むことで、「平凡な人の平凡な物語」でも語り継がれるものにできるのではないか、というものです。

いずれにせよ、自己紹介というと「生まれてからいままでのことを、どう編集して伝えるか」という風に思いがちですが、「未来・過去・現在」を軸にするにしても、「対立・葛藤・展開」を表現するにしても、「ただ在る」にしても、自分のルーツをしっかり知っておくことが大切なのではないかと思います。

自分の生まれる「前」がなんだったのか、どうだったのかを知ることで、より、自分がわかるはずですから。そういう意味では、「最強の自己紹介」の結論は、「両親を出す」なのかもしれません(笑)。

三者三様の「最強の自己紹介」が披露されたこの日の最後、石川善樹氏は、「最強の自己紹介の結論は、実は『両親を出す』ことではないか」とおどけてみせる。そして何と、会場に着座していた実父を呼び寄せると、やおら父にマイクを渡した。それに対しご尊父は、少しもひるむことなく講評をし始めた……。まさに、この親にしてこの子あり。「最強の自己紹介」を見せつけられ、イベントは最高の盛り上がりとともに大団円をむかえた(写真:HILLS LIFE)

(TEXT BY TOMONARI COTANI、
PHOTO BY KOUTAROU WASHIZAKI)

HILLS LIFE DAILYの関連記事
大貫卓也 × 服部一成|対談——広告ってこんなにも面白くて、むずかしいものなんだ。
最高の睡眠で疲れをとる! 五感に休息を与える快眠アイテムとは?——UCHINO TOUCH
“エラー”は、ときに「前代未聞のイノベーション」を生み出す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。