自己紹介が記憶に残らない人と残る人の大差 石川善樹が考える「自己紹介」の奥義

拡大
縮小
石川善樹氏によると「最強の自己紹介」には3つのメソッドがあるという(写真:HILLS LIFE)
あなたは普段、どんな「自己紹介」をしているだろうか? そもそも自己紹介について意識をしたり、思考を巡らせたことはあるだろうか……? 儀礼化/定型化しているが故に、およそ意識することなどないであろう自己紹介という行為。そのアップデートを試みるイベントが、六本木アカデミーヒルズにて開催された。主催者である石川善樹氏(予防医学博士)の狙いは、どこにあったのだろうか?

「○○さんの知り合いです!」の危険性

もし、「自己紹介とは何か?」と問われたら、「他者とのファーストコンタクトに際し、自らを理解してもらったり、興味を持ってもらうためにおこなう行為」というのが、最大公約数的な回答になるだろうか。

そんな自己紹介について、ある日、予防医学博士の石川善樹氏は興味を抱く。自己紹介は、今日においてあまりにも当たり前の行為のため、改めて考える機会を持つことがなく、それ故、無意識のうちに誤解を生んでいたり、機会損失をしている可能性があるのではないかと気づいたからだ。

石川:例えばセミナーに参加すると、終わった後に、参加者の方々はよく、講師と名刺交換をするじゃないですか。その時、『僕は○○さんと知り合いなんです!』と、講師の方と共通の知り合いの名前を挙げる人って、わりといますよね。それについて、ある方がこうおっしゃっていました。『あれって、正直失敗しているよね。だって、その共通の知り合いから、僕はあなたのことを一度も聞いたことがないのだから……。それってつまり、“共通の友人が話題にすら挙げない人”なんだということを、暗に言っているわけだよね』。えらく厳しいことを言うなと思いましたが(笑)、確かにその通りかもしれないと感じました。

共通の知り合いを挙げて、『ああ、あなたがあの○○さんですか!』と言われるのであればオーケーなんですよ。でもそうでないなら、失敗なんです。そんな風に、意外と無意識でやっていることで失敗しているケースが、自己紹介にはあるのではないでしょうか。

あと、自分が仕事でやっていることを延々話す方もいますよね。その場合も、『あなたの仕事はよ〜くわかった。……で?』となるわけです。『それがあなたのゴールなんですか?』と。

次ページ場面や目的によってその都度考える
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT