自己紹介が記憶に残らない人と残る人の大差

石川善樹が考える「自己紹介」の奥義

石川善樹氏によると「最強の自己紹介」には3つのメソッドがあるという(写真:HILLS LIFE)
あなたは普段、どんな「自己紹介」をしているだろうか? そもそも自己紹介について意識をしたり、思考を巡らせたことはあるだろうか……? 儀礼化/定型化しているが故に、およそ意識することなどないであろう自己紹介という行為。そのアップデートを試みるイベントが、六本木アカデミーヒルズにて開催された。主催者である石川善樹氏(予防医学博士)の狙いは、どこにあったのだろうか?

「○○さんの知り合いです!」の危険性

もし、「自己紹介とは何か?」と問われたら、「他者とのファーストコンタクトに際し、自らを理解してもらったり、興味を持ってもらうためにおこなう行為」というのが、最大公約数的な回答になるだろうか。

そんな自己紹介について、ある日、予防医学博士の石川善樹氏は興味を抱く。自己紹介は、今日においてあまりにも当たり前の行為のため、改めて考える機会を持つことがなく、それ故、無意識のうちに誤解を生んでいたり、機会損失をしている可能性があるのではないかと気づいたからだ。

石川:例えばセミナーに参加すると、終わった後に、参加者の方々はよく、講師と名刺交換をするじゃないですか。その時、『僕は○○さんと知り合いなんです!』と、講師の方と共通の知り合いの名前を挙げる人って、わりといますよね。それについて、ある方がこうおっしゃっていました。『あれって、正直失敗しているよね。だって、その共通の知り合いから、僕はあなたのことを一度も聞いたことがないのだから……。それってつまり、“共通の友人が話題にすら挙げない人”なんだということを、暗に言っているわけだよね』。えらく厳しいことを言うなと思いましたが(笑)、確かにその通りかもしれないと感じました。

共通の知り合いを挙げて、『ああ、あなたがあの○○さんですか!』と言われるのであればオーケーなんですよ。でもそうでないなら、失敗なんです。そんな風に、意外と無意識でやっていることで失敗しているケースが、自己紹介にはあるのではないでしょうか。

あと、自分が仕事でやっていることを延々話す方もいますよね。その場合も、『あなたの仕事はよ〜くわかった。……で?』となるわけです。『それがあなたのゴールなんですか?』と。

次ページ場面や目的によってその都度考える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。