国立大学の「寄付金収入」全86校ランキング

3位鹿児島大はあの大物経営者の寄付が貢献

総資産や経常収益が国立大学でナンバーワンの東京大学は、寄付金の受入額でも頭一つ抜けている (撮影:梅谷秀司)

10月27日の配信記事「寄付金収入が多い私立大学157校ランキング」では、私立の学校法人の寄付金の金額について取り上げ、大きな反響を受けた。では国立大学の寄付金の実態はどうなっているのか。

国立大学では、政府から拠出される運営費交付金が年々削減されており、外部資金の獲得は重要な課題となっている。受託研究や受託事業などの収益もあるが、やはり寄付金は大きな収益の柱だといえるだろう。

『週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2018』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

今回、全86国立大学法人の最新の決算書に記載されている、寄付金の受入額を抽出。金額の多い順に並べたのが、「寄付金が多い国立大学ランキング」だ。

国立大学法人の決算書では、1年間に受け入れた寄付金の総額と件数が財務諸表の「附属明細書」の中に記載されており、その額を表記した。金額には証券や機械などの現物寄付も含まれており、さらに大学が設置する基金への寄付金も中に含まれている。

なお、国立大学法人の場合、寄付金収益という科目で損益計算書上にも記載されているが、これは使途目的が決まった時点で計上される科目のために、実際に受け入れた金額とは異なる点に注意をしてほしい。また国立大学では「寄附」と表記するが、ここでは「寄付」で統一した。

法人からの寄付が大半、1位は東京大学

1位は東京大学だ。2017年度の年間受入額は132億4200万円、件数も8902件に達する。寄付金は2004年に国立大学法人へ移行してから増加しており、ここ数年は年によってバラつきはあるものの、おおむね横ばい傾向にあるといえるだろう。

多くは法人からの寄付である。文部科学の資料によると、国立大学全体で毎年700億円前後の寄付が寄せられている。個人の寄付が120億円から340億円程度なので、圧倒的に法人からの寄付が多い。研究を支援することによって、あらたな技術や製品を生み出すことができるため、企業にとっても寄付を行うメリットがあると思われる。

次ページ2位は京都大学
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT