「劣化したオッサン」たちが再生産される本質 中堅・若手が三流のおじさんに対抗する武器

拡大
縮小

日本において、オピニオンとエグジットという牽制圧力がガバナンスとしてまったく機能していないということを痛感させられたのが、オリンパスの粉飾決算事件です。ことのあらましは次のような次第でした。

2011(平成23)年4月に、イギリス人経営者マイケル・ウッドフォード氏がオリンパス社長に就任しますが、過去のオリンパス経営陣による企業買収において買収価格が説明不能なほどに高額であること、存在の不確かなケイマン諸島のアドバイザーに高額の手数料を支払っている点などを問題視し、当時の菊川剛会長および森久志副社長に問題の調査を提言したところ、直後に開かれた取締役会議で社長職を解任されてしまいます。

結局、その後の調査により、オリンパスは、バブル崩壊で被った多額の損失を秘密裏に会計処理するため、実態とかけ離れた高額の企業買収を行い、それを投資失敗による特別損失として計上して減損処理し、本当の損失原因を粉飾しようとしていたことがわかりました。10年以上にわたる他に類を見ない長期間の悪質な会計粉飾で、もちろん歴代の会長・社長はそれを知っていて黙認したままでした。

オリンパスの事件について筆者が感じたのは、日本人にとっての個人と組織の関係は、欧米人のそれとは違うのだな、という当たり前の事実でした。

ウッドフォード氏としては、自分が株主から経営を委託されている経営者である以上、個人の責任として不透明な買収についてはこれを明らかにする必要があると感じて、当時の菊川会長にオピニオンを提出しているわけですが、ではなぜ、歴代の社長あるいは役員は同じことができなかったのか? ということです。

劣化したオッサン再生産の本質

ここに「劣化したオッサン」を生み出すメカニズムの本質が見えてきます。

『劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか』(光文社新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

なにを言っているのかというと、劣化したオッサンを生み出しているのは、とりもなおさず、オピニオンもフィードバックもしない配下の人々でもある、ということです。

配下の人からのフィードバックが足りていないために、自分の人格や人望について勘違いしている人があまりにも多い、ということがあります。

そして、劣化したオッサンのもとでこのような忖度を繰り返していれば、やがては先述したとおり、深く考える思考力は麻痺し、道徳観は衰弱し、結果的には自分もまた「劣化したオッサン」になる。

つまり「劣化したオッサン」のもとで、オピニオンもエグジットも行使せずに、ただダラダラと理想もなく生きていれば、「劣化したオッサンによる劣化したオッサンの拡大再生産」という悪夢のようなプロセスが、延々と繰り返されることになる、ということです。

山口 周 独立研究者・著作者・パブリックスピーカー、ライプニッツ代表

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

やまぐち しゅう / Shu Yamaguchi

1970年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン コンサルティング グループ、コーン・フェリー等で企業戦略策定、文化政策立案、組織開発などに従事。中川政七商店社外取締役。株式会社モバイルファクトリー社外取締役。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT