NISAとiDeCo、これが税制面でお得な活用法だ

やっぱりよく使っているのは高齢世代だった

資産運用するにもNISAとiDeCoの仕組みを知る必要がある(写真:makaron* / PIXTA)

「NISA」(少額投資非課税制度:ニーサ)と「iDeCo」(個人型確定拠出年金:イデコ)。どちらも将来お金が必要なときに備えて蓄える際に、税制面で優遇が与えられている仕組みだ。

将来のために、銀行にお金を預けていても、税制面での優遇はない。まず稼いだ所得に所得税等がかかり、今の消費に使った分の残りを貯金するのだが、その預金に利息が付くと、その利息にも所得税がかかる。

だが、NISAとiDeCoには、所得税が部分的にかからない形で、税制面で優遇されている。

NISAは拠出時に税金がかかる

NISAは、幅広い家計に国内外の資産への長期・分散投資による資産形成を行う機会を提供する観点や、自助努力に基づく資産形成を促進し、家計からの成長マネーの供給拡大を図る観点から、2014年1月から始まった。NISAで税制上の優遇を受けたい人は、普通の預金口座ではなく、NISAのための口座を開設する必要がある。そのNISA口座に、自分のお金を入金する。税制上の優遇の類型としては、拠出時には課税(所得控除なし、T:Taxed)、運用時および給付時には非課税(所得控除あり、E:Exempt)とする、「TEE型」といわれる。

この連載の一覧はこちら

ここで、拠出時とは口座に入金するときで、そのときに所得税がかからないか否かである。NISAは拠出時には税制上の優遇はない。つまり、稼いだ所得に所得税がかかった後のお金を、口座に入金することになる。入金したお金を、所得税負担を軽くすること(所得税控除)には使えない。

恩恵は運用時に非課税になることだ。つまり、NISA口座のお金で稼いだ利息や配当等には、所得税はかからない。これは普通の預金口座にはない税制上の優遇である。NISA口座からお金を引き出すときには、普通の預金と同様に、元本には所得税はかからない。

次ページつみたてNISAなら20年間非課税
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。