NISAとiDeCo、これが税制面でお得な活用法だ

やっぱりよく使っているのは高齢世代だった

資産運用するにもNISAとiDeCoの仕組みを知る必要がある(写真:makaron* / PIXTA)

「NISA」(少額投資非課税制度:ニーサ)と「iDeCo」(個人型確定拠出年金:イデコ)。どちらも将来お金が必要なときに備えて蓄える際に、税制面で優遇が与えられている仕組みだ。

将来のために、銀行にお金を預けていても、税制面での優遇はない。まず稼いだ所得に所得税等がかかり、今の消費に使った分の残りを貯金するのだが、その預金に利息が付くと、その利息にも所得税がかかる。

だが、NISAとiDeCoには、所得税が部分的にかからない形で、税制面で優遇されている。

NISAは拠出時に税金がかかる

NISAは、幅広い家計に国内外の資産への長期・分散投資による資産形成を行う機会を提供する観点や、自助努力に基づく資産形成を促進し、家計からの成長マネーの供給拡大を図る観点から、2014年1月から始まった。NISAで税制上の優遇を受けたい人は、普通の預金口座ではなく、NISAのための口座を開設する必要がある。そのNISA口座に、自分のお金を入金する。税制上の優遇の類型としては、拠出時には課税(所得控除なし、T:Taxed)、運用時および給付時には非課税(所得控除あり、E:Exempt)とする、「TEE型」といわれる。

この連載の一覧はこちら

ここで、拠出時とは口座に入金するときで、そのときに所得税がかからないか否かである。NISAは拠出時には税制上の優遇はない。つまり、稼いだ所得に所得税がかかった後のお金を、口座に入金することになる。入金したお金を、所得税負担を軽くすること(所得税控除)には使えない。

恩恵は運用時に非課税になることだ。つまり、NISA口座のお金で稼いだ利息や配当等には、所得税はかからない。これは普通の預金口座にはない税制上の優遇である。NISA口座からお金を引き出すときには、普通の預金と同様に、元本には所得税はかからない。

次ページつみたてNISAなら20年間非課税
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT