就活、激変! 成績は仕事への態度を映す鏡 企業は、成績表のココを見る!

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
印刷
A
A

エントリーシートでは、「やる気になれば何ができるのか?」という意味で、学生の能力の最大値がわかります(これはこれで重要です)。しかし「やらなければならないことに対して、どのように向き合えるのか」を判断することはできないのです。

成績表で「やらなければならないこと」への姿勢がわかる

一方、大学の成績表を面接に活用すれば、「やらなければならないこと」に対する学生の姿勢が、手に取るようにわかります。理由は、以下の3つです。

■学業は「やらなければならないこと」である

多くの学生にとって、学業は「やらなければならないこと」であり、モチベーションが低いものです。だからこそ学業への取り組みは、「やらなければならないこと」に対する取り組み姿勢を判断する指標になるのです。

たとえば、授業の選択の仕方について質問したとします。

「『社会研究入門ゼミ』など、発表することが求められる授業は役に立つと考え、人前で話すのは苦手でしたが、履修しました。社会人になったら、会議やコンペで発表・プレゼンする機会が多いと思ったからです」

このように考える学生は、苦手なことにも努力することができ、長期視点を持って物事に取り組む姿勢があると推測できます。ただし、この授業の評価が低かった場合には、なぜ評価が低かったのかをきちんと確かめる必要があるでしょう。

■成績表には、学生が伝えたくないことも書かれている

成績表には、学生が話したい授業(成績がよかった授業や力を入れた授業)だけではなく、話したくない授業(成績が悪かった授業や力を抜いた授業)に関する情報も書かれています。それを基に質問することで、学生の本質を見抜くことができます。

たとえば、次のような質問が考えられます。
・先ほど、この科目に関して力を入れたと言っていたのに、なぜ成績はD評価なのですか?
・貿易論Aは興味があったのに、貿易論Bに興味を持たなかった理由はなんですか?
・論理的に考えるのが得意だと言っていたのに、なぜ論理学の成績はよくないのですか?

■他者からの評価なので、脚色できない

成績は他者(大学の先生)の評価なので、学生が「盛って」話すことができません。ですから、突っ込んで聞けば正直に話さざるをえなくなると思われます。そのため、学生の考え方や行動がより深く理解できます。

たとえば成績がよくない科目について聞いたとき、以下のような発言があったとしましょう。

「その科目には、それほど力を入れて勉強しませんでした。内容に興味が持てなかったうえに、一方的な講義スタイルだったので、まじめに学ぶ気が起きませんでした」

このような発言があれば、この学生にとってのこの科目の重要度と、「やらなければならないこと」に直面したときの行動がはっきりわかります。

次ページ成績だけが絶対の基準ではない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT