中国のエリートは、実は日本好きだ!

ネトウヨにダマされるな!

日本語も目茶苦茶だ。ミシミシ、バカヤロ、シモデガンホ(何する奴だ) パルーデガンホ(八路軍だ) パーグニャン(花嫁にしてやるぞ)など、下品な言葉ばかりを下品な日本兵が語るのだ。日本の番組なら、さしずめ「水戸黄門」や「遠山の金さん」のストーリーと同じで、毎回、同じパターンだ。悪代官と越後屋が結託するが、最後は成敗される。田舎の大衆はそれを見て溜飲を下げるのだが、さすがの中国でも、いまや都会の人は誰も見ていない。

スポーツでも、日本人選手が出るとブーイングが当たり前だ。昔の「力道山の時代」のレベルだ。戦後の日本では、アメリカの悪役レスラーが、力道山の伝家の宝刀「空手チョップ」が炸裂して倒れたら、拍手喝采になったのと、まだ同じ空気が渦巻いている。

中国のエリートは、すべてわかっている

ただし、変化も出てきている。実は、日本人兵士を演じる中国の俳優は決まっていたが、最近の3~4年は、まともな俳優もでてきた。中には「本物の日本人俳優」も出てきた。例えば香港との合作映画では、歌舞伎界の中村獅童が出ているが、大衆も本物を出さないと、さすがにおかしいと思うようになってきたのだろうか。

まあ、大衆はこんな具合なのだが、ここからが本番だ。いったい、中国のインテリは、どのような日本人観を持っているのだろうか?実は、彼らの教育水準は高い。だから、すべてわかっていて、政治面では冷静に日本の政治を分析している。たとえば、「安倍政権が対中国で強行策を取るのは、選挙対策ですよね」などと聞かされることも珍しくなく、日本人よりも、よほど冷静だ。

教育水準の高い中国人は、誰も反日デモが「中国の総意」などとは思っていない。むしろ「共産党一党支配に対する抗議の要素が隠れている」としっかり分析しているから、本当に恐れいる。

次ページ中国のエリートは、日本のネトウヨも熟知している
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT