ノーベル物理学賞、女性受賞は55年ぶり3人目

レーザー研究の米仏加3氏に

 10月2日、スウェーデンの王立科学アカデミーは、2018年のノーベル物理学賞をレーザー技術開発で米国とフランス、カナダの3人の科学者に授与すると発表した(2018年 ロイター/TT NEWS AGENCY)

[ストックホルム/ロンドン 2日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは2日、2018年のノーベル物理学賞を米国とフランス、カナダの3人の科学者に授与すると発表した。視力回復手術やマイクロマシニングなどに利用できる精密工具となるレーザー技術を開発した。

3人のうち、ウォータールー大学のカナダ人女性、ドナ・ストリックランド氏は女性物理学者として3人目、55年ぶりにノーベル賞を受賞した。1903年にはマリー・キュリー氏、1963年にはマリア・ゲッパート=メイヤー氏が受賞している。

米ベル研究所のアーサー・アシュキン氏が同賞の2分の1を受賞。レーザーの光で「光ピンセット」を発明した。残りの2分の1は、米国籍を持つフランス人男性のジェラール・ムル氏と、ストリックランド氏が共同で受賞した。両氏は高強度レーザーを発明した。

ストリックランド氏は電話記者会見で「女性の物理学者を称賛すべきだ。いずれ、より速いペースで(女性物理学者が)前進する日が来ることを望む」とした。

ノーベル賞受賞者は長らく男性の科学者に偏っており、物理学賞では特にその傾向が強かった。

96歳のアシュキン氏はノーベル賞受賞者で史上最年長。ロイターとの電話インタビューで「今は太陽光エネルギーの論文で忙しい」と述べ、現在も新たな研究に取り組んでいることを明らかにした。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT