「災害報道」で問われるローカル局の存在価値

被災エリアの放送局が伝えるべき情報とは?

ただし、全国レベルで見ると、広島の降水量はそれほど多くない。同局の放送制作局社会情報部に所属する気象予報士であり、「イマなまっ!」ディレクターでもある岩永哲は言う。

「四国や紀伊半島、東海地方と比べると、中国地方は雨量が少ないので、東京ではあまり注目されません。でも、被害が出るか出ないかは、雨量とはまったく違う次元の話です。少ない雨でも多くの人が亡くなる可能性があることは、地元を知っている人間でなければ伝えるのは難しいと、今回の災害で強く感じました」

本当に必要としている人に報道を届けたい(写真:ロイター/共同)

放送エリアの地域性や、そこに住む人々のイメージができていることは、災害報道において重要である。被災者が本当に欲している情報は何かを判断し、放送で伝えられるからだ。

RCCラジオ「平成ラジオバラエティごぜん様さま」(月〜金曜、9時〜11時32分)のパーソナリティを務める横山雄二アナウンサーは、次のように述べる。

「被害に遭った方へ向けた放送に特化しました。普段はただ流して聴いてもらっているだけの放送を、本当に必要としている人に渡そうと。自分たちにできることを聴いてもらうのが、被災された方々にとって一番の安心感だったり、エールになったりすると思ったので」

青山アナも岩永Dも同趣旨の発言をしている。

北海道のラ・テ兼営局が発災後に行った報道

9月6日に発生した北海道胆振東部地震におけるHBC(北海道放送)ラジオ、STV(札幌テレビ放送)ラジオでも、リスナーに有益な情報を届けようとする姿勢が感じられた。

今回の地震では北海道全体で35人が死亡、3人が安否不明となっている(8日22時51分現在、北海道新聞電子版)。と同時に、全道での停電が市民生活に大きな影響を与えた。電気がなければ携帯電話も動かず、テレビも点かないため、情報が得られない。

そんななか、STVラジオ「工藤じゅんきの十人十色」(月〜金曜、10時〜12時55分)は、「札幌市役所で携帯電話の充電サービスを行っている」「STV本社前でもサービスを開始した」と伝え、ラジオカーでの中継も行った。

次ページ災害時の心得を紹介
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT