「災害報道」で問われるローカル局の存在価値

被災エリアの放送局が伝えるべき情報とは?

RCCはラ・テ兼営局だけあって、テレビにラジオの手法を活かしていたわけである。では、本物のラジオはどのように伝えたのか。

「真っ先に『僕らを利用してほしい』と言いました。『皆さんが情報を寄せてくれたら、それを僕らが出せるから。伝える場所を空けて待っている』って」(横山アナ)

その発言には、「インターネット上のデマを消したい」との気持ちも込められていた。横山アナは続ける。

「災害時には『メディアは伝えないけど、私だけは知っています』といった話がネット上を賑わせますよね。でも、この時期に私だけが知っている情報なんてあるわけがない。被害に遭われた方も、それを見て良い気持ちになりませんし。デマを流した人間を満足させる気はなかったので、皆さんが不安に思うことを一つひとつ取り上げて、白黒をハッキリさせていくことに努めました」

ローカルのラジオが持つ信頼感と、リスナーとの距離感を有効に活用したのである。

煽情的な報道ばかりの在京局に抱く不安

これらを踏まえたうえで、全国ネットのニュース番組を見ていると、真逆の作り方をしているように感じる。例えば、猛烈な風雨に晒されるレポーターの姿が、被災者にとってどれだけの意味を持つのだろうか。暴風によって屋根が吹き飛び、火花を上げて電線が切れる映像を流すことで、何を訴えたいのか。同じ国内で苦しんでいる人がいることよりも、芸能人のゴシップやスポーツ界の醜聞のほうが重要なのか。

助けを求めている人がいるときに、「どうして起きたのか」という分析は必要なのか(写真:ロイター/共同)

助けを求めている人がいるときに、「どうして起きたのか」という分析は必要なのか。同じ時間と手間を使うのであれば、「どうすれば助けられるか」「その事態が起きたことによって、生活にどんな影響があるのか。その影響にどう対処したらいいのか」を放送すべきではないのだろうか。いたずらに感情を煽ろうとする映像に、多くの視聴者が辟易としているという事実を、そろそろ自覚すべきであろう。

そして、そんな番組ばかり作っている在京局を見ていると、とある不安が頭をよぎる。「東京や首都圏で大きな災害が起きたときに、有益な情報を提供できるのだろうか」と。

次ページ在京局自体は「起きた場合の想定」をしているか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT