「災害報道」で問われるローカル局の存在価値

被災エリアの放送局が伝えるべき情報とは?

ラジオカーの行き先は札幌市役所、JR札幌駅、札幌駅前地下歩行空間、大通公園、ホームセンターといった誰もが気になる場所。コンビ芸人のしろっぷが、市役所での充電サービスにどれだけの人が並んでいるか、駅はどのような様子か、日本人/外国人観光客の動き、ホームセンターの客が何を求めて来たかなどを、報道記者顔負けの的確さでレポートしていた。

また、STVラジオ、HBCラジオともに夕方のナイター中継を取りやめ、報道特番を放送。そのなかでHBCラジオは、東北放送(TBC)が東日本大震災の教訓を基に作成した、災害時の心得を紹介した。東北放送が「リスナーの役に立てば」と自発的に送ったものだ。こうした思いやりは、ローカル局ならではといえる。

STVテレビは、6日に本社前へテレビを設置。すべての家庭が停電している状況において、テレビでの情報提供を行った。並行して同局ウェブサイトと公式ユーチューブチャンネルで、地震関連情報番組の配信をしている。HBCテレビは、同局の無料動画配信サービス「もんすけ」で地震関連情報番組を配信。公式ツイッターで道内各市町村のつぶやきを積極的にリツイートしているのは、両局とも同じだ。

ローカル局の強みは地域住民との近さ

さて、西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震すべてに共通するのは、被害が広範囲にわたっていることである。8日になり、台風21号の影響で和歌山県、京都府、大阪府、奈良県、滋賀県、兵庫県の一部地域、約3万1000戸で停電が長期化する恐れがあると発表された。北海道胆振東部地震に至っては、本原稿執筆時点ではまだ全貌がはっきりしていない。

7月の西日本豪雨ではどうだったのか。

「金曜日(6日)に災害が起きて、2日後の日曜日(8日)に大きな被害が出た坂町(安芸郡)の小屋浦へ向かったのですが、その時点ではヘリからの映像しか情報がありませんでした。道路も通行止め、電車も不通だったので、普段だったら30〜40分で行けるところを、フェリーを乗り継いで呉まで行き、そこから歩いて小屋浦に向かって。フェリーに乗ったのは宇品港という広島で一番大きな港なのですが、そこのコンビニに商品がない。物流が止まっていたんですね。昼食を用意していこうと思っても、補助栄養食ぐらいしかなくて。大変なことが起こり始めていると感じました」(RCC青山アナ)

「すぐに現地に行けないところもあったので、マスコミも自治体も、全体像を把握するには時間がかかりました」(同・岩永D)

では、取材クルーが入れない場所の情報を、どうやって得たのか。

「視聴者から動画や写真を送ってもらう、『RCCスクープ投稿』というシステムがあるのですが、そこから発生直後の被災地の様子が寄せられました」(同)

「スクープ投稿に写真や動画を送ってくださった方に電話をつないで、『送ってもらった写真は何月何日何時頃のどこですか?』『今、一番困っていることは何ですか? 必要な物は何ですか?』と尋ねて。そうすると、『小さな生活道なんですけど、そこの橋が落ちていてみんな大変なんです』といった、細かい情報を教えてくれるんです」(青山アナ)

次ページ「インターネット上のデマを消したい」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT