交通事故削減に「子供の描いた絵」が効くワケ

トラックのボディに絵をラッピングすると?

みらい会議の様子(写真:宮田運輸)

毎月1回日曜日、高槻を拠点に愛知から福岡まで、各事業所からの自主参加で開催されるのが「みらい会議」です。時間は、午前9時から午後4時ごろまで。全国から40~60人の人々が集まります。事前に予約すれば参加費無料、社外の人や主婦なども参加できるオープンな会議です。午前中は事業所ごとに業績数値を発表します。

ただ一方通行の報告ではなく、自由に意見が飛び交う建設的な会議です。午後からは約1時間のヨガ教室があります。従業員たちは日頃の運転の疲れを、また自由参加の主婦たちは家事の疲れを癒す貴重な時間です。

「幸せは、感じるものだ」

その後、小さなコツの専門家・野澤卓央(のざわたくお)氏による“心の勉強会”があります。野澤氏は『仕事がうまくいく人の小さなコツ』(PHP研究所)などの著作や多数の企業向け講演などで活躍する実業家、著述家です。事業の失敗で1億円の借金を背負いそれを乗り越えた体験談や心に響いた先人の教えを熱心に講義してくれます。

同社ホームページ掲載の「社長あいさつ」では、この野澤氏の教えに自らの事業経験を重ねた思いを、孔子の言葉に託して語っています。まだ50歳前の社長の言葉としては、なかなかに含蓄のある「あいさつ」です。その原文は、有名な次の一節です。

「子曰わく、之れを知るものは之れを好むものに如かず。之れを好むものは之れを楽しむものに如かず」(『論語』雍也第六の二十)

宮田社長は「之れ」を「幸せ」と読み替え、「幸せについていくら知っていても幸せを感じられなければ意味がありません。幸せをいくら持っていても幸せを感じられなければ意味がありません」と解釈しています。「幸せは、感じるものだ」ということです。

宮田社長とラッピングを施したトラック(写真:宮田運輸)

「人と幸せを分かち合いたい」という宮田社長の熱い思いが伝わってくるメッセージだと思いました。そして「社長のあいさつ」の最後には、「運転士を育てること」の大切さも述べられています。わが国のライフラインを支える物流の主役である運転士を、もっと魅力のある職業に変えていくことが自らの使命だ、と結んでいます。

「社員たちがイキイキと話し合い、みんなの会社という思いで真剣に仕事に向かってくれています」と感謝の念を述べる宮田社長。社内の自由な雰囲気が社員力と会社力を高め、こどもミュージアムプロジェクトの活動を全国に、そしてアジアに向けて発信し続けていくことでしょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT