あのメガネチョコが50年も愛され続けるワケ

なぜフルタ製菓にはロングヒットが多いのか

発売以来半世紀、多くの人に親しまれているメガネチョコ(写真:フルタ)

今回はチョコレート菓子のお話です。発売以来半世紀、長く皆様に親しまれているメガネチョコをご存じでしょうか。「正式名称は『ハイエイトチョコ』です。1967年の発売から50年で12億個弱売れました。並べてみると、地球を3周半します」。

発売52年目の「アイデアルチョコ」(写真:フルタ)

そう言うのは、創業65年の大阪市生野区にあるお菓子メーカー「フルタ製菓」の古田盛彦社長です。同社には、この「ハイエイトチョコ」のほか、発売41年目の「セコイヤチョコレート」、発売52年目の「アイデアルチョコ」等、ロングセラー商品が目白押しです。

といっても、後者のアイデアルチョコの名前の由来が、わからない読者もいるかもしれません。この傘型チョコが発売される少し前、「アイデアル」という名の折り畳みジャンプ傘があったのです。そのテレビCMで、無責任男として人気上昇中の植木等さんが「なんである、アイデアル」と言い、その語呂合わせのキャッチコピーが一世を風靡しました。今、傘のアイデアルはなくなりましたが、同社のチョコにその名をとどめています。

名前の由来だった製品がなくなっても売れ続けるお菓子。そして消費者の好みが変わっても売れ続けるお菓子。そんなお菓子を生み出す秘訣はどこにあるのでしょうか。

長寿商品を生む秘訣とは?

古田社長は、ロングセラー商品を生み出すコツを3つ挙げてくれました。

①子ども心をくすぐる仕掛け

この連載の一覧はこちら

50年前、カカオ豆の輸入が自由化され、わが国でもチョコレートが出回るようになりました。フルタ製菓もチョコレートを製造しますが、価格ではどうしても大手にかないません。そこで考えたのが、子どもが喜んで食べてくれる食玩(玩具菓子)の発売でした。

ハイエイトチョコの両端には穴が開いていて、そこに輪ゴムを通すとメガネになって耳にかけることができます。当時から現在まで、メガネをかけて変身するのは、ヒーローものの定番です。このチョコメガネをかけて子どもは悪と戦うヒーローになることができるのです。こうした背景から同社は、テレビ朝日系で放送されているスーパーヒーロータイム(スーパー戦隊シリーズと平成仮面ライダーシリーズ)のスポンサーでもあります。

次ページ2つ目、3つ目は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。