《気になる数字》67.2% 3大都市圏に住んだことのある人の割合


 国立社会保障・人口問題研究所が5年ごとに実施している「人口移動調査」からは、居住地の移動に関する経験や事情を知ることができる。

2006年7月時点で実施された第6回調査によると、世帯主・配偶者のうち、現在住んでいる都道府県以外での居住経験(3カ月以上)がある人は6割。住んだことのある都道府県の数(外国も1カ所と換算)では「3以上」が28%を占め、平均では2.09。この値は、性別や現住地などで異なり、女性(1.94)より男性(2.24)、東京圏(2.35)でそれぞれ大きい。1つの都道府県にしか住んだことのない(現在住んでいる都道府県以外での居住経験がない)人が、もはや少数派となっていることは明らかだ。

居住経験のある地域を見ると、67.2%の人が3大都市圏に住んだことがあり、その割合は30代後半や40代前半では7割を超える。なかでも他地域からの人口流入が続く東京圏(1都3県)の居住経験者はほぼ4割に達し、分布が全国的な広がりを見せている点でも3大都市圏において突出している。その一方で、大都市圏では出生地と現住地が一致する人の割合が高い(東京圏の場合89.1%)。つまり、移動の範囲が大都市圏内にとどまるケースが多いということである。

地方圏で暮らす人、地方での生活経験を持つ人のウエートは年々低下していることがこのデータからもわかる。

(『東洋経済 統計月報』編集部)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。