《気になる数字》67.2% 3大都市圏に住んだことのある人の割合


 国立社会保障・人口問題研究所が5年ごとに実施している「人口移動調査」からは、居住地の移動に関する経験や事情を知ることができる。

2006年7月時点で実施された第6回調査によると、世帯主・配偶者のうち、現在住んでいる都道府県以外での居住経験(3カ月以上)がある人は6割。住んだことのある都道府県の数(外国も1カ所と換算)では「3以上」が28%を占め、平均では2.09。この値は、性別や現住地などで異なり、女性(1.94)より男性(2.24)、東京圏(2.35)でそれぞれ大きい。1つの都道府県にしか住んだことのない(現在住んでいる都道府県以外での居住経験がない)人が、もはや少数派となっていることは明らかだ。

居住経験のある地域を見ると、67.2%の人が3大都市圏に住んだことがあり、その割合は30代後半や40代前半では7割を超える。なかでも他地域からの人口流入が続く東京圏(1都3県)の居住経験者はほぼ4割に達し、分布が全国的な広がりを見せている点でも3大都市圏において突出している。その一方で、大都市圏では出生地と現住地が一致する人の割合が高い(東京圏の場合89.1%)。つまり、移動の範囲が大都市圏内にとどまるケースが多いということである。

地方圏で暮らす人、地方での生活経験を持つ人のウエートは年々低下していることがこのデータからもわかる。

(『東洋経済 統計月報』編集部)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。