《気になる数字》1,024万円 高校入学から大学卒業までの教育費


 教育費の負担が家計に重くのしかかっている。今年2月に「国の教育ローン」を利用した勤労者世帯(平均年収622万円)を対象とした日本政策金融公庫の調査によると、受験費用・学校納付金といった「入学費用」は高校で48.9万円(うち私立52.4万円)、大学で95.6万円(同97.0万円)になる。また、授業料や教科書・教材・学用品費、通学費、学習塾や稽古ごとの月謝などの「在学費用(年間)」が高校92.5万円(同101.7万円)、大学150.4万円(同159.7万円)に上る。これらを累計すると、高校入学から大学卒業までの7年間の教育費は子ども1人当たり1024万円(私大理系の場合は1141万円)に。自宅外からの通学となると、これにアパート等の入居や家財道具購入のための48.6万円、年間96.0万円の仕送りが加わる。

対象世帯には小学校以上に在学している子どもが平均1.8人おり、彼らにかかる在学費用の世帯年収に対する割合は平均34.1%。年収200万~400万円の世帯では55.6%にもなる。しかも、これら学齢期の子どものいる世帯の6割近くが住宅ローンを抱え、上記在学費用とローン返済額との合計は、世帯年収の45.9%もの規模となっている。

教育費捻出の最大の方法は「教育費以外の支出を削る」こと。節約の主たるターゲットは、旅行・レジャー、食費・外食、衣類、そして「保護者の小遣い」だ。

(『東洋経済 統計月報』編集部 写真:田所千代美)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。