就活、激変! 成績を問う企業が続出する理由

12月から始まる就活では、成績が重要になる

大学成績センターでは、まず、就活生に自分の成績データを入力してもらいます。ほんの15分程度の作業でしょう。

大学成績センターでは、各大学でまちまちの評価方法を統一基準でGPA(成績を数値化したもの。欧米などでは普通に使われている)に変換します。また、複数の大学生が登録した授業に関しては、成績のバラツキを確かめることで成績評価の信頼度を表示します。

大学生は企業の求めに応じて、この成績を企業に送ります。大学生からみれば、一度登録してしまえば何社にでも送れるので手間が省けますし、企業からみれば大学生に成績送付を依頼するだけで、統一基準で評価された成績表を、データで得ることができるのです。

大学成績センターがハブになり、成績データを使いやすくする。

大学成績センターがハブになることで、企業の手間を極力省き、成績を活用しやすくする。先ほどご紹介したように、多くの大企業がこの仕組みを利用することが決まり始めています。就活の大変動が起こっているのです。

では、企業は大学生の成績から、何を判断したいと思っているのでしょうか。それは単に「お勉強ができること」では決してありません。実は成績からは、仕事をするうえで重要なある能力を判断できます。次回は、企業が何を見るようになるのか、解説いたします。 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT