キーコーヒーが「100年企業」になれた理由

農場壊滅、トアルコトラジャ復活、M&Aを経て

今回は100年続くコーヒー老舗のお話です(写真:キーコーヒー提供)

ビジネスマンの生活に欠かせないコーヒー。日本におけるコーヒーの歴史は、江戸時代に長崎の出島でオランダ人によって伝えられたのが始まりとされる。

今でこそコーヒー関連企業は数あれど、98年前の今日にあたる1920年8月24日の創業から日本のコーヒー文化を支えてきたのがキーコーヒーだ。今回は、海外におけるコーヒー農園事業からコーヒーの製造販売、カフェ運営まで手掛ける同社の1世紀の歴史をひもとく。

大正後期の横浜で創業

キーコーヒーの歴史は1920年、1代目・柴田文次氏(旧姓・木村)が、横浜でコーヒー商・木村商店を創業したことから始まる。ハイカラだった文次氏は異国情緒あふれる港町で、外国から持ち込まれる洋服や洋菓子、ビールなどさまざまな品の中から、コーヒーに惹かれたという。

この連載の一覧はこちら

まだ広く知られていないコーヒーを、人々が飲んで語らう姿を想像し、「コーヒーは日本人の新しい文化と時代を開く鍵(キー)になる」と確信した。

今でこそ青と黄色の看板でおなじみのキーコーヒーだが、当時では珍しい英語のロゴを採用したのも、新しいもの好きだった文次氏のアイデアだ。

1936年の横浜本店(写真:キーコーヒー提供)

創業当初はコーヒーを焙煎し、自転車や郵便などを使って卸していた。しかし、次第に「自分でコーヒーを栽培したい」という夢を持つようになる。

そこで、台湾と沖縄に拠点を開設し生産を開始したものの、戦争のほか台風も多かったため上手くいかず、苦い経験をする。1946年には、本店を横浜から東京に移して、全国展開を行い、再出発に至った。

次ページ1950年代、キーコーヒー最大の危機に瀕する
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。