「全社員出社義務なし」実現したテレワの極み

自宅でもどこでも、多様な働き方を実現した

様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回のゲストは、ホームページを簡単に作成できるツールを提供するシックス・アパート株式会社・代表取締役の古賀早氏。驚きのテレワークシステムについて聞く。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

古賀早氏は、1965年福岡県生まれ、埼玉県育ちの53歳。東京外国語大学イタリア語学科を卒業後、トヨタ自動車に入社。その後、表計算ソフトなどを販売していたロータス株式会社や、日本IBMなど外資系ソフトウエア開発企業の営業畑に勤務し、インテュイット株式会社の執行役員時代に、経営陣による企業買収MBOにかかわった。

2005年、ブログ形式でホームページを簡単に作成できるツールを提供するシックス・アパートに入社、2014年に代表取締役に就任している。

全社員に出社義務がない

1つ目のキーワードは「全社員、出社義務なし 驚きのテレワークを実践!」。

――そもそも、どういう会社なのでしょうか。

シックス・アパートは「Movable Type」という日本で出荷本数と売り上げともにナンバーワンの企業のホームページを作ったり、運用したりするソフトや、インターネットサービスを開発したり販売したりする会社です。ですので、働いている人の半分以上がエンジニアになります。

――会社に行かなくてもいいということなんですか。

全社員に出社義務がない会社なんですが、最初はまず就業規則の変更から始めました。

就業規則には、やはり「出社」「退社」という言葉がかなり多くあるのですが、まずそれを「勤務開始」とか「勤務終了」という言葉に変えたり、あと場所を限定するような言葉がかなり入っています。それを編集したり削除したりして、基本的にはオフィスに来なくてもよいというルールにしました。

次ページ自宅勤務を意味しているわけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT