コーヒー飲み放題「定額制カフェ」の損得問題

コンビニコーヒー派が検討する価値はあるか

コーヒーの定額サービスは何杯飲めば元が取れるのでしょうか(写真:kimrawicz/iStock)

今やすっかりコンビニの顔となったものといえばセルフ式のコーヒーだろう。挽きたてのコーヒーが1杯税込み100円からという安さに、どれだけのビジネスパーソンが救われているか。

この連載の記事一覧はこちら

男女1万人に聞いた「コンビニコーヒーに関するアンケート調査」(マイボイスコム調べ)によると、コンビニエンスストア利用者のうち、直近1年以内の購入者は6割、週1回程度の購入者は2割強だという。オフィスランチの帰りにコンビニに寄ってテイクアウト、という人も多い印象だが、この調査では意外に少ない。

いいや、自分は毎日コーヒーが欠かせないぞという人なら気になるのが、「定額制」カフェという存在ではないだろうか。月額料金を支払えば、本格派コーヒーが何杯でも気兼ねなく飲めるという。西新宿や飯田橋に店舗を持つ『coffee mafia』、自由が丘にある『ALPHA BETA COFFE CLUB』、関東のほか大阪・京都にも展開する『ハンデルスカフェ』が代表的なところだ。

このところ、あらゆるジャンルで「定額制ビジネス」が流行っている。小難しい用語ではサブスクリプションサービスといい、モノではなく一定期間の利用に対しおカネを支払うというビジネスモデルだ。月額料金を払ってネット動画や雑誌コンテンツの配信サービスを利用している人は多いだろう。このサブスクリプション方式が飲食店のジャンルにもひたひたと押し寄せてきている。その1つが、定額制カフェというわけだ。

さて、定額制と聞くと誰もが考えるのは「何杯コーヒー飲めば元が取れるのか」ということではないか。カフェによってシステムに違いはあるが、ざっと計算してみよう。

おおむね月に10杯から18杯を飲んでトントン

まず『coffee mafia』は、月額3000円と6500円のコースがある。3000円コースだと、通常1杯300円のラージサイズコーヒーをいつでも無料となるが、1来店につき1杯までと制限がある。6500円になると、すべてのソフトドリンクが無料(スペシャルティコーヒーを除く)、ただしやはり1来店につき1杯まで。単純計算すれば、3000円コースではラージサイズコーヒー10杯以上、6500円コースでは22杯以上となった(どちらも、コーヒー無料のほかアルコールや料理の割引等の特典あり)。なお、月額会員特典は全店共通で使える。

次ページコンビニ価格で比較
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。