現在も活動する「陰陽師」の知られざる正体

「結界」は日常生活にも存在している

このように昭島市周辺は、ある意味で京都と環境が酷似していたわけです。ならばここが、東の都として最適なのではないか、というのが当時の結論でした。

その後、幕末が近づくにつれ、国が転覆するほどの出来事が次々と起こりはじめます。そのころにはすでに、この場所の結界はほぼ構築されていました。準備は万端だったわけです。

とにかく一時期は、この計画は絶対的なものでした。一部では準備として実際に建物の建設が始まっていた場所もあったと聞いています。

計画が頓挫した理由は…

でも、計画は頓挫しました。

計画が頓挫したいちばんの理由は、状況が予想以上に大きく変わることを私たちが察知したからです。私たちは陰陽師ですから、人の未来を読む、先読みをすることが仕事です。

私たちの家系の陰陽師のなかに、幕末の薩長についていた人がいました。

未来を読むと、やがて江戸幕府は転覆する、と。

『日本の結界 陰陽師が明かす秘密の地図帳』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そうであれば、わざわざ新たな都を江戸の西につくる必要はない、となったのです。

ただ、天皇が江戸城に入ってしまうというのは、少し計算違いだったかもしれません。もともとあったものを再利用すればいいという話になったわけですが、でも、本来ならば人が使っていた場所に天皇が入るということはありえないのです。

もしも天皇が住むのであれば、それは新しい場所であるべきです。それが本来の姿なのですが、江戸城に入るということになってしまいました。

ということで、もしもほんのちょっとだけ歴史が変わっていたら、いまの東京の中心、都心は昭島市近辺になっていた可能性があったのです。

ちなみにこの結界は、大正時代に入ってから、次々と破壊されることになります。たとえば檜原村の浅間嶺、そして高尾山……。高尾山は修験者の修行の地、聖地であるわけです。修験者たちからの反発が強かったのも当然のことだったでしょう。

結界のポイントが破壊されたうえに遷都の計画も消え、現在はそのままになっています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT