総額2兆円?「豊臣埋蔵金」は実在するのか

大坂の陣に消えた「黄金100万枚」の行方

「豊臣埋蔵金」はどこに眠っているのでしょうか?(写真:kunio/PIXTA)
日本各地に伝わる埋蔵金伝説。
総額が20兆円ともいわれる「徳川埋蔵金」の行方は以前から注目され、その隠し場所をめぐって、テレビ番組等で群馬県の赤城山麓や東京湾海底で捜索が続いている。
一方、黄金にまつわる数々のエピソードで知られる豊臣秀吉にも、同様の埋蔵金伝説があった。彼が息子の秀頼に遺した莫大な財産は、やがて大坂の陣でその全貌が明らかとなる。
いっきに学び直す日本史古代・中世・近世教養編』『いっきに学び直す日本史近代・現代実用編』の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「豊臣埋蔵金」を解説する。

4億5000万両?多田銀銅山に眠る秀吉の黄金

慶長3(1598)年6月、朝鮮半島では明国侵攻に向けた激しい戦いが繰り広げられるなか、重い病に倒れた豊臣秀吉(1537~1598)は、自らの死期が近いことを悟ります。

死期を悟った秀吉は、まだ幼い息子、秀頼(1593~1615)のために、これまで全国の鉱山から集めた莫大な黄金「4億5000万両」を秘密裏に隠すよう、配下の幡野三郎光照という武将に命じました。

光照は、大坂から北西25キロに位置する多田銀銅山を隠し場所に選ぶと、坑夫らに即「閉山」を命じます。そして、無数の坑道の奥に黄金を運ばせ、それを21カ所に分けて埋蔵しました。

さて、時はくだり大坂冬の陣(1614年)。光照は戦死を覚悟し、戦いを前に、黄金の隠し場所を詳しく記録した文書を子孫に残します。

この伝説が書かれた巻物と絵図を、第二次世界大戦の終戦直後、ある人物が先祖伝来の家財を整理中に、奇跡的に戦災をまぬがれた荷物の中から見つけたのです。

このことが新聞で大々的に報道されると、「豊臣埋蔵金」の存在がいっきに全国に知れ渡り、多くのトレジャーハンターたちが一攫千金を夢見て、その謎に挑むことになりました。

しかし彼らの夢もむなしく、埋蔵金は今日に至るまで発見されていません。そもそも、わずか二代で滅亡した豊臣家に、そんな莫大な黄金が本当に実在したのでしょうか。今回は、謎の多い「豊臣埋蔵金」について解説します。

次ページ秀吉にまつわる数々の「黄金エピソード」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。