総額2兆円?「豊臣埋蔵金」は実在するのか

大坂の陣に消えた「黄金100万枚」の行方

Q8.それを全部、牢人たちに支払ってしまったのですか?

いいえ、それくらいで使いきれる量ではありません。

真田幸村(信繁)とその手勢300人に対して、黄金200枚が支給されたという記録を元に単純計算すると、豊臣勢10万人に対する当面の人件費は、合計で黄金6万~7万枚程度です。資金的余裕はまだまだ十分といったところでしょう。

大坂の陣の奮闘は「おカネがあったから」

Q9.これだけの資金があっても、豊臣方は勝てなかったのですよね。

はい。ただしそれについては、「これだけの資金があったからこそ負けなかった」という見方ができるでしょう。

当時、豊臣家は摂津(大阪府・兵庫県の一部)とその周辺地域を合わせた65万石の一大名にすぎず、秀頼に呼応する大名もいませんでした。対する家康は、幕府の権威で全国の諸大名を動員できたわけですから、本来なら勝負の行方は一目瞭然です。

ところが、大坂城では真田幸村(信繁)のような「実力ある」牢人が大勢雇われ、城自体の堅固な防御も相まって奮闘します。

結局、家康は30万の兵を擁しながら大坂城を攻略できず、戦いは一時講和(引き分け)となりました。

Q10.秀頼が屈服しない背景には「おカネ」も関係していたのですね?

はい、大いに関係したでしょう。

次いで家康は、秀頼に大和(奈良県)への国替え、もしくは城に残る牢人たちの解雇を命じます。しかし、秀頼はどちらにも応じることなく、戦いは夏の陣へと移ります。

この秀頼の強気な姿勢こそ、裏を返せば大坂城には、まだ大量の牢人を雇える体力、つまり「金」があった証拠、ともとらえられるかもしれません。

Q11.でも結局は、秀頼は負けてしまいますよね?

はい。さすがにおカネの力をもってしても、「限界」はあります。

講和では家康の巧妙な策略にはまり、大坂城は主要な堀を埋められてその機能を失いました。こうなっては、もう勝ち目はありません。

そして迎えた「大坂夏の陣」、幸村らの善戦むなしく豊臣家は滅びます。

Q12.大坂落城時、黄金はどうなったのですか?

元和元(1615)年5月8日に秀頼が自刃し、城は灰燼に帰したため、その行方は一時的に不明となりました。

家康は翌9日から腹心の部下に城を封鎖させ、焼け跡から黄金を探すよう命じました。

次ページ黄金はいまも「あの場所」に眠る?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT