現在も活動する「陰陽師」の知られざる正体

「結界」は日常生活にも存在している

陰陽師が関わった巨大な結界をふたつご紹介しましょう。

結界は遠い昔の話だけではありません。現代の東京都心にもしっかりと息づいているのです。

たとえば「首都直撃か!?」と進路予想された大型台風が、ぎりぎりのところで東京を避けて不思議に思った、という記憶はありませんか。

あるいは大型台風が急速に勢いを失って、熱帯性低気圧になってしまったり、いきなり速度を上げて、大きな被害が出る前に東京を通り過ぎてしまうといったことがなんとなく多いような気はしませんか。

つまり、東京は何か目に見えない力で守られている――そんなふうに思ったことはないでしょうか。

そうです。こうしたことが起こるのは、東京が結界によって守られているためでもあるのです。

緻密かつ完璧に張られた結界

東京の結界は、江戸初期と明治維新の二度にわたって、まったく違うかたちで張られてきました。

一回目は東京の前身である江戸がつくられたとき。徳川家の依頼により、天海という僧侶が中心となって、江戸を守るための大きな結界が張られました。このときに私たち陰陽師も関わることになったのです。

当時の日本の最高権力者、つまり江戸幕府の将軍からの依頼でしたから、断れるはずもありません。ただ、天皇に仕えることを旨とする先祖たちにとって、それは決して本意ではなかったようです。そのせいでしょうか。天海とともに張った江戸の結界は、幕末のころにはすでにボロボロになっていました。

皇居を中心とした都心の結界(図版:ユニオンマップ)

とはいえ最大の理由は、江戸の町が人口増加や埋め立てなどにより、次第にふくれあがっていったためです。結界もそのつど、継ぎ足し継ぎ足しで補われていきました。その結果、とてもいびつでもろいものになってしまったというわけです。

やがて明治になると、江戸の主が替わりました。そのため、再び江戸の結界が張りなおされることになったのです。

京都から天皇がやってくるわけですから、われわれ陰陽師もいよいよ本腰を入れて、全精力を使い切る覚悟を持って結界を張らなければならない、という空気になったそうです。なにしろこのときは、結界を仕上げるまでに1年かかったと記録されています。

したがってこの結界については、計算に計算を重ねて、緻密かつ完璧に張られた結界ということができます。見る人が見れば、結界の芸術作品といえるのではないかと思うほどの仕上がりなのです。

次ページもうひとつ、東京の巨大な結界とは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。