現在も活動する「陰陽師」の知られざる正体

「結界」は日常生活にも存在している

安倍晴明の末裔、安倍成道氏が明かす「日本の結界」とは(編集部撮影)
1000年もの間、時の権力者を影で支え活動してきたという陰陽師(おんみょうじ)とは一体何者か。書籍『日本の結界 陰陽師が明かす秘密の地図帳』を上梓した現代の陰陽師・安倍成道氏が解説する。

陰陽師、安倍晴明(あべのせいめい)をご存じでしょうか?

最近は小説や映画のみならず、フィギュアスケートの羽生結弦選手が陰陽師・安倍晴明をモチーフにした演技で金メダルを獲得したことで、ご記憶の読者も多いのではないかと思います。

晴明は、平安時代後期に活躍した、陰陽道の術の大家でした。今日の陰陽道の術は、晴明ひとりによって築かれたといっても過言ではありません。

その晴明には、吉平、吉昌というふたりの息子がいたと、歴史は語ります。彼らはいずれも晴明の跡を継ぎ、国の役所である陰陽寮に勤め、陰陽博士や天文博士になって陰陽道の発展に力を尽くしています。

でも、晴明の子供は彼らふたりだけではありませんでした。

というのも、晴明には5人の側室がいて、それぞれに子供をもうけていたのです。これは、公の歴史では語られていません。いわば、秘密の歴史です。

「陰陽師五家」誕生の真相

英雄色を好むといいますが、晴明もその例に漏れず、きわめて「女好き」な人物でした。また、それだけの魅力や力もあったので、とてもモテたのです。

結果、京の都の周辺に本宅とは別に5つの家と5人の側室、そしてそれぞれの子供たちを抱えていたのです。

ただし、晴明にとっては正室の子も側室の子もみな同じ、かわいい自分の子供でした。そして自らがもつ陰陽師としての超能力的な「力」も、分け隔てなく公平に与えたのです。

次ページ側室5人の子供たちの子孫は…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。