「蓬莱の豚まん」大阪を代表する食べ物の正体

創業は1945年、元々は「蓬莱食堂」だった

面積では4倍。それに包丁を入れて食感を楽しんでいただきます。玉ねぎも豚肉との相性にこだわりました。選び抜かれた玉ねぎをダイスカットという切り方で粗めにカットし、より甘味を感じてもらいます」

その他、日々気温や湿度によって変化する水分量にも注意を払い、常に均質で安定したおいしさを目指しています。

「本家」と「元祖」は棲み分け

なお、のれん分けすると「本家」「元祖」の間に確執があったりしますが、蓬莱2社に関しては表立ってそんなことはないようです。

蓬莱本館のホームページには「『551蓬莱』さんとはまったくの別会社であり、商品の製法や味、販売形態も大きく異なっております。(中略)それぞれがそれぞれの『美味しさ』を追求しております」とあります。

蓬莱本店の外観(写真ː蓬莱本館)

一方、551蓬莱のホームページでも「もともとのルーツが同じ会社ですのでどちらも『蓬莱』の名前を使用しておりますが、現在は全くの別会社となっております。(中略)楽天市場への出店、スーパー等での冷凍食品の販売は当社ではなく蓬莱本館様の商品でございます」と丁寧に説明しています。

どちらがおいしいかはお客の好み次第ですが、自社の商品は「自信をもって提供」している、という姿勢が鮮明です。市場も完全に棲み分けしており、実に大人の対応だと思いました。

筆者には素朴な疑問がありました。「豚まんと肉まんは同じものですか」

東社長が答えてくれました。

次ページ豚まんと肉まんは同じもの?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT