「iPhone X」が実は絶好調といえる決定的理由

発売以来、iPhoneの中で販売トップを維持

その上で、クックCEOは、米中双方は互いに必要としている存在であり、2国間の合意に対して楽観的な見方を表した。「我々は、冷静さを取り戻すことを望んでいる」(クックCEO)。

スマートフォン市場の飽和は、販売台数の成長から維持がテーマとなる。そのため、iPhone Xのような高付加価値製品が人気となることは、これまでのiPhone主体のビジネスを続けるならば、非常に有効だった。

絶好調のサービス部門へと指標を移す

しかし、アップルは現在、Apple WatchやAirPodsなどのウェアラブル製品と、Apple MusicやiCloud、アプリの購読サービスなどのサービス部門の高成長分野に指標を移そうとしている。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」ではシリコンバレーの詳細なリポートをお届けしています。購読申し込みなどの詳細はこちら

ウェアラブルデバイスを含むその他の製品の売上高は37億4000万ドルで前年同期比37%増。Apple Watch、AirPods、Beats製品を束ねた「ウェアラブル」製品は、直近の四半期で既に100億ドルの売上高を達成し、成長率も60%であった。

またサービス部門は売上高95億4800万ドルで前年同期比31%。四半期で100億ドル到達も目前となっており、iPadとMacの売上高を合計した規模になりつつある。Apple Musicは有料会員と使用中のユーザーを合計して5000万人を超え、アップル経由でサブスクリプションサービスに契約しているユーザーは3億人になった。

iPhoneの販売台数が成長しなくても、既存のユーザーに加えて AndroidユーザーがiPhoneに乗り換えてアクティブユーザーが増えれば、サービス部門は成長で、またウェアラブル製品も伸びる。iPhoneを基盤にしながらも、成長軸をサービスとウェアラブルへ転換する戦略が進行している。

そうした中、9月には恒例となる新型iPhoneの発売が控える。盤石の体制で2018年の後半に臨むアップルにとって、最大の懸念はやはり、米中貿易戦争の行方、といえるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。