iPhone、知らないと損する「録音機能」の裏技

AppleWatchからだって録音できる!

iPhoneやApple Watchのボイスメモにまつわる裏技を3つ紹介する(筆者撮影)

日本では初代iPhoneとなるiPhone 3Gから脈々と受け継がれてきたアプリの1つが、「ボイスメモ」だ。ボイスメモの機能は非常にシンプルで、録音、再生、編集の機能が搭載されている。

この連載の一覧はこちら

iPhoneは携帯電話ゆえにマイクの性能も高く、周囲の声をしっかり拾ってくれる。専用のボイスレコーダーの中にはマイクがより高性能なものもあるが、普段利用するにはこれで十分という人も多いだろう。モバイルデータ通信やWi-Fi経由で気軽にファイルを送れる点も、専用のボイスレコーダーにはないメリットといえる。

シンプルで使い勝手がいいこともあり、iOS 12ではiPadへ搭載されることも決まった。ただ、バックグラウンドで音声を再生できないなど、使い勝手の面であと一歩なところもある。また、Apple Watchには対応していない。ただしこうした問題は、裏技やアプリを導入することで、解決することが可能だ。そこで今回は、iPhoneやApple Watchのボイスメモにまつわる裏技を3つ紹介していこう。

1.バックグラウンド再生ができない問題を解決

ボイスメモで録音した音声を再生する際に不便なのが、バックグラウンドで再生ができないことだ。移動中に録音しておいた会議の音声を聞きながらiPhoneで簡単な議事録を作成したり、メモとして吹き込んでおいた声を聞きながらメールを書いたりといったことができない。ボイスメモを終了させると、再生していた音声もそのまま止まってしまう。

ファイルアプリからだと、バックグラウンドで音声を再生できる(筆者撮影)

かつては、音声を再生したまま、コントロールセンターから電卓などのアプリを立ち上げるとそのままバックグラウンドで再生が続くという、バグをついたような裏技もあったが、iOS 11ではそれもふさがれてしまった。残念ながら、現状のOSでは、ボイスメモ単体でのバックグラウンド再生ができない状態だ。

ただし、ボイスメモで録音した音声を別のアプリにコピーすれば、こうした問題は一発で解消する。別のボイスレコーダーアプリをインストールするという手もあるが、無料でかつ、iPhoneに内蔵されているアプリだけで完結できて手間がかからないのは、「ファイル」アプリにコピーするという手だ。

手順も簡単で、まずボイスレコーダーで聞きたいファイルを選択して、共有ボタンをタップする。共有のメニューでは、「ファイルに保存」を選択。すると、ファイルアプリが立ち上がり、保存先を選択する画面が現れる。あとは適当な保存先を選択するだけだ。ファイルアプリの仕様上、ボイスメモ専用のフォルダを作成できないため、ここではとりあえず「Pages」のフォルダを選択した。

次ページApple Watchで録音する方法
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
RIZAPがプロ経営者招聘<br>目指すは「会社の肉体改造」

経営のプロ、松本晃・カルビー前会長がRIZAPグループCOOに。自身の息子と同年齢の創業社長との異色タッグで成長にコミット。M&Aで事業規模を急拡大してきた同社は変わるのか?