注意!会社員がやりがちな「法・規則違反」行動

「ちょっとした悪さ」がとんでもない事態に

喫茶店で時間を潰していたのにウソの報告をしたら、服務規律違反で懲戒の対象になる場合もあります (写真:さわだゆたか / PIXTA)

多くの新入社員は仕事にも慣れ、1人で行動する機会が増えているだろう。

それに伴って、「営業に行ったフリをして喫茶店でサボる」といった”裏技”を覚えてしまった人もいるのではないだろか。また、親しくなった取引先などに、ついつい社内情報を話してしまったりしていないだろうか。

この連載の一覧はコチラ

軽い気持ちかもしれないが、実はそうした行動は、場合によっては、懲戒処分の対象となる場合がある。

そこで今回は、会社員として「やってはいけないこと」についてまとめた。許されると思っていても厳密には法に触れる行為も少なくない。ぜひ本稿を読んで、参考にしてほしい。

まずは、最も怖い法律違反からみてみよう。

軽い気持ちでも刑事罰や懲戒処分の対象になる

「法律違反と一言で言っても、問われる責任には、『刑事責任』と『民事責任』の2つがあります」と話すのは、フォーサイト総合法律事務所の由木竜太弁護士だ。

刑事責任は、罰金や懲役など具体的な刑事罰を伴う責任だ。窃盗、恐喝、詐欺などを思い浮かべる人が多いだろう。身近なところでは交通違反が挙げられる。

「罪刑法定主義という憲法上の理念があります。これは、犯罪者として処罰するためには、法律によってあらかじめ罪(構成要件)と罰を明確にしておかなければならないというものです。だから刑事責任を伴う行為については、『法的にやってはいけないこと』という整理ができると思います」(由木氏)

次ページトイレットペーパーを盗めば窃盗罪
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT