「新人営業マン」がやらかす、笑えない失敗7選

メール誤送信、アポ間違い…油断は禁物です

外回りや電話といった営業の仕事に慣れてきても油断は禁物だ(写真:よっしー / PIXTA)

新入社員の中で営業に配属された人は、そろそろひとりで外回りをする機会も増えてくる時期だろう。そして、客先で冷や汗が出るような失敗をしてしまうこともある。

この連載の一覧はコチラ

はじめは誰でもミスをするのが当たり前だ。

「勉強のために、取引先病院のオペに立ち会ったのですが、血を見て卒倒。ベッドに寝かされ、看護師さんに介抱されました……」(Mさん、医療機器会社勤務)という新人らしい失敗談はほほ笑ましいかぎりだが、少し慣れてくると、気の緩みが招くミスも増えてくる。それらは経験に関係なく、意識次第で防げるはずだ。

そこで、営業配属直後の新人やその上司から、新人営業パーソンの失敗談を集めてみた。もちろん営業担当だけではなく、会社内で働く内勤の人にも当てはまる項目も多い。まずは自分にも身に覚えがないか、確認してみよう。

はじめは誰でもミスをする

失敗談1 「寄り道したばかりに……」

「商品が入った紙袋がないと気づいた時、血の気が引いた」と話すのは、精密機器会社に勤めるSさん。

取引先から100万円する商品を返品された帰り道。公共料金の支払いで、銀行に立ち寄ったら、うっかり、待合席に商品を置き去りにして帰社したそうだ。

「慌てて取りに戻ったら、銀行で預かってくれていて事なきを得た」そうだが、そもそも、問題なのは、仕事中にプライベートの用事を済まそうと寄り道をしたこと。少なくとも、会社の備品や高額な商品を持ち歩いたまま、寄り道するのは慎んだほうがいい。

次ページメールであわやの誤送信
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT