「新人営業マン」がやらかす、笑えない失敗7選

メール誤送信、アポ間違い…油断は禁物です

失敗談2 「同僚にメールを送ったはずが……」

「これほど2秒前にタイムスリップして戻りたいと思ったことはないです」と話すのは、不動産会社に勤めているEさん。

出先から直帰したいと思ったが、「部長が帰らないと帰れない雰囲気がある」ことから、同僚に「部長、もう帰った?」と確認のメールを送ったという。

「ところが、同僚にメールを送ったつもりが、送り先を見ると、なんと部長の名前が。しかも、直後に、部長から『まだいます』と返信が来ました」

余談だが、筆者も「取材先との調整がうまくいかず困っている」と編集部宛てに書いたメールを、その取材先に送ってしまい、真っ青になった経験がある。業務に関するメールの宛先は、送信前にしっかり確認しよう。

失敗談3 「もう怒られるのイヤなので……」

「ちゃんと訪問していると言うのですが、売り上げ状況を見ると、どう考えても足を運んでいない。問いただすと、やはり行っていませんでした」と話すのは、医薬品メーカーでマネジャーをしているHさん。新人の部下が特定の病院にまったく行かなくなってしまったという。

「あれこれ言い訳するのですが、本当の理由は、どうやら少し対応が遅れたときに医師にしかられたことだったようです。しかし、それで行かなくなったら、営業は務まりません」

営業はしかられるのがつきもの。苦手な人から逃げていては自分も成長しない、と前向きにとらえることが大切かもしれない。

アポの予定は再確認を

失敗談4 「お客様にアポをとりましたよね……」

商談や訪問先が増えてくると起こりがちなのが、アポの勘違い。

「アポをとってお客様のところに訪問したら『約束していないよ』と言われた。メールを確認したら、その日は別のお客様にアポをとっていたことが判明。そのお客様には笑われ、アポをとったお客様には怒られ、さんざんでした」(オフィス用品販社・Iさん)のようなことは、誰でも一度はやることだ。

アポイント先と日時は、前日に改めて確認するのが鉄則。また、初めてのお客様で、事業所が複数ある場合は、「行けばわかる」と考えずに、どこに訪問すればいいかを、事前に確認しておきたい。

次ページ誰が見ているかわからない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT