恋愛アプリに熱中する男女が直面する光と影

結婚までいたる一方、事件化するケースも

マッチングアプリにおけるトラブルは少なくない(写真:RyanKing999/iStock)

20代女性の坂上果歩(仮名)さんは彼氏と別れて以来、出会いを求めてマッチングアプリを使っている。数名とやり取りして、いちばん感じが良かった男性と直接会うことになった。その後、デートもうまくいき、盛り上がって本格的に付き合うことを互いに約束し合った。

ところが、興味本位からFacebookで相手の名前を検索したところ、彼の裏アカウントを発見。赤ん坊の写真に、「子どもが生まれた。すでに親ばかです」というコメントをつけて投稿していた。

出会ったときは独身だと言っていたのに、既婚者のうえに子どもまでいることがわかって、坂上さんはショックを受けたという。マッチングアプリにおけるこのようなトラブルは少なくない。

マッチングアプリで恋愛する男女が増えている

「マッチングアプリ」とは、端的に言うとインターネット上で気になる男女と出会える、いわば恋愛アプリだ。出会い系サイトとの違いは、実名制SNSであるFacebookと連携するものが多く、アプリの信頼度や、利用者の真剣度が比較的高い点。最近は気軽な出会いを目的としたものから、結婚をうたうもの、LGBT専用のものなどさまざまなサービスが登場している。

年々、こうしたマッチングアプリで出会うカップルが増えている。リクルートブライダル総研調べの「婚活実態調査2017」(2017年7月)によると、婚活を行った人が結婚に至ったきっかけを2015年と2016年で比較すると、「恋活サイト・アプリ」は8.4%から20.5%、「婚活サイト・アプリ」が15.1%から17.2%へとそれぞれ増加している。

次ページザッカーバーグも「恋愛アプリ」に興味津々
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。